--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.10

「カウントダウンノベルズ」豊島ミホ

カウントダウンノベルズカウントダウンノベルズ
(2008/05)
豊島 ミホ

商品詳細を見る

J-POP TOP10チャートから生まれるドラマ。トップを走り続ける歌姫の恐れ、人気アイドルグループの輝きの秘密、解散直前バンドの悲哀、話題の新人のデビューの経緯――トシマミホが音楽シーンで生きる若者達の光と影を描いた小説集。《出版社より》

チャートにランクインしたアーティストたち。そのアーティストたちのそれぞれの内面を描いた作品だ。カウントダウンならば、順位が下から上がっていくのが当たり前だが、これはまったく逆で、一位から順番にひとつずつ下りていく。その手法によって、ランク下位にいるアーティストたちの上辺だけでない悩みや葛藤を掘り下げていく。

伊藤ありさ、二十五歳。女性アーティストでシングルチャート一位を最多獲得している歌姫。この歌姫の地位はいつか譲ることになるなんて、最初からわかっている。でも、ずっと欲しがられていたい。「あたしはいい子」

相葉ミリ、二十二歳。しっかり歌って踊ってみんなをアゲて、そして自分も楽しい思いして恋もして幸せになりたい。あたしには、帰るところがちゃんとある。だから、手にしたものを、ちゃんと持っていかなくちゃいけない。「ぜんぶあげる、なんでもあげる」

スモール・ロンドン。Vo.智、G.伊勢谷、B.ムチP、Dr.アタル。七年前の高校時代にバンドを結成し、デビューから二年目。このスピードは怖い。速すぎて、真正面すら見えていない気がする。戸惑いから、バンドは崩れてしまうんじゃないか。「話があるよ」

コンペイトウスパーク。DJ.マリモ、MC.かっぺと相良。自分の頭の中にある音楽という楽園を他の人にも見せてやりたい。忙しい日々の中で、自分の楽園がなおも育ち続けると思われたある日、楽園が聞こえなくなった。「楽園が聞こえる」

シュガフル。景、ミーミーたちによる六人組のアイドルグループ。とっても尊い一瞬を生きている。高校生くらいじゃわかんないソレが、アイドルをやったおかげではっきりと見える。普通の子に戻るなるなんて、一度も考えたことがなかった。「きらめくさだめ」

浅田真樹。自分が歌ってる。聴いてくれる人がいる。路上ライブでCD手売り一千枚という目標を達成してデビュー。私の歌がみんなに届いて売れているんだと思った。なのに、この声が、正味の形で届いてはいないなんて。「きたない涙」

英怐子。音楽家の両親の才能を継いで生まれ、音楽家の道を踏み外してやったつもりで、ポップスの道に進んだ。わたしは、あの子守唄を、たったひとりの我が子のための歌を、結局リリースしてしまった。でも、馬鹿なわたしはやめられない。「ピクニック」

ウィンド・オア・ソングス。篤史は周とデュオを組んでデビューを果たした。それから二十年以上やってきた。今年四十三になる篤史は、声が出なくなった。若いときの曲を思うように歌えない。だけど、ステージの上で再現し続けたい。「永遠でなくもないだろう」

アライブ・オン・ザ・エッジ。オーディションからデビューまで放送された企画ものバンド。後ろ盾がなくなって、気づいたら、売れないバンドになっていた。ベースの江島、ドラムの名取、ボーカル&ギターのトモに、事務所から解雇が告げられた。「ラストシングル」

沼倉雄介。学校で日常的に行われるイジメ。ラジオから流れる曲のどれもが、自分を救ってくれなかった。沼倉は歌い始めた。ただ絶望を歌いあげる、自分だけのための歌を。なんら救いも励ましもない歌詞を、適当なコードに乗せてギターを弾く。「絶望ソング大全集」

この歌姫はあの売れっ子で、セクシー系の関西弁の女の子はあの人で、アイドルグループは娘かな。などと、想像しながら読んだ。流行り廃りの激しいJ-POPはほとんど聴かない。聴いても心に残る歌や曲がないからだ。しかし、そんな彼らにも、長いか短いかは別にして、一瞬の輝かしいスポットがあたる。その輝きを努力で継続しようともがく者、何も考えずに自分の勢いを信じる者、余裕がなくなる者、自分の才能だけに頼る者、仲間に自分にないものを見つける者、大人の世界に翻弄される者、世間の期待に自分の好きの反対を行く者、衰えを認めたくない者、ブームが終わった惨めな者、これからの可能性に生きる者など、華やかな世界であるがゆえに、そこに生まれる影も濃いわけで、さまざまな人間模様がここにはある。

読み物としての試みは面白いとは思うが、アーティスト十組の人間ドラマに拡散した結果、少し小さくまとまっていたように思った。十人十色のいろんなパターンが読めるという点では面白いのだけれど、ガツンとくるものがなかったように感じた。よって、個人的には、本書はもうちょっとだったかな。

TBさせてもらいました。「まったり読書日記」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

豊島ミホ
トラックバック(3)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

面白い設定でした。
もっと深くかけそうなネタがいっぱい転がってた気はしますが、この構成ではこれ以上の長さは辛いですね。
ちょっともったいなかったかな…

ちきちき:2008/07/10(木) 21:38 | URL | [編集]

ちきちきさん
設定は確かに面白かったです。
だけど、一話が短すぎてあっさりしすぎだったと思いました。
これはしょうがないのかな~。

しんちゃん:2008/07/11(金) 11:50 | URL | [編集]

私も、あれかな?これかな?と貧困な想像力を駆使して膨らませてました。(笑)
あまり音楽に興味ないので。
ちょうどアムロちゃんが再ブレイクの兆しって番組見てたので、こんな厳しい世界ですごいな~って、別にファンでもないのに嬉しくなっちゃいました。

じゃじゃまま:2008/08/07(木) 23:05 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
自分もJ-POPは興味外なので詳しくありません。
だけど、あの人があれでなんて想像しちゃうよね。
アムロちゃんはずっと19歳で止まったままです(爆)

しんちゃん:2008/08/08(金) 10:54 | URL | [編集]

モデルになった?人物やグループをイメージする楽しみはありましたね。
それ以外はあっさりめの印象で、ちょっと物足りなかったです。

TB送ったんですが、反映してないみたいですね。後日再チャレンジしてみます。

エビノート:2008/08/13(水) 22:05 | URL | [編集]

エビノートさん
やはり物足りないですよね。試みは面白いとは思うのですが。
TBの件ですが、ムリのようなら記事内に入れましょうか。
かなり目立ちますけど。。

しんちゃん:2008/08/14(木) 10:51 | URL | [編集]

こんばんは。
TBはやっぱり無理でした~。
コメントの方に私の記事のURLを貼っておくことでTBに代えさせていただきますね。
http://blog.livedoor.jp/ebinote/archives/51285697.html

エビノート:2008/08/15(金) 22:10 | URL | [編集]

エビノートさん
記事内にも入れておきました。

しんちゃん:2008/08/16(土) 10:41 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

カウントダウンノベルズ


JUGEMテーマ:読書 J-POP TOP10チャートから生まれるドラマ トップを走り続ける歌姫の恐れ、人気アイドルグループの輝きの秘密、解散直前バンドの悲哀、話題の新人のデビューの経緯――トシマミホが音楽シーンで生きる若者達の光と影を描いた小説集集英社HPより な...

2008/07/10(木) 21:39 | ぼちぼち

カウントダウンノベルズ/豊島ミホ


JUGEMテーマ:読書 [集英社HPより] J-POP TOP10チャートから生まれるドラマ トップを走り続ける歌姫の恐れ、人気アイドルグループの輝きの秘密、解散直前バンドの悲哀、話題の新人のデビューの経緯――トシマミホが音楽シーンで生きる若者達の光と影を描いた小説集。

2008/07/12(土) 01:34 | hibidoku~日々、読書~

カウントダウンノベルズ 豊島ミホ著。


≪★★☆≫ J-POPのTOP10にランクインしてるアーティストたちのそれぞれの物語。 歌姫がいたり、その歌姫の座を狙う若手がいたり、解雇を告げられるグループもいれば、バンド結成時からずっと同じメンバーで、トラブルはありながらもメンバーの絆を感じさせたり...

2008/08/07(木) 22:52 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。