--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.11

「館島」東川篤哉

館島 (ミステリ・フロンティア)館島 (ミステリ・フロンティア)
(2005/05/30)
東川 篤哉

商品詳細を見る

会社社長にして異能の建築家、十文字和臣。彼の最新作は、彼自身が老後に備えて造ったといわれる四階建ての別荘である。六角形の奇抜な外観と、内部に秘められた巨大な螺旋階段、その他にもさまざまな特徴を有する、このいかにも十文字らしい館は、完成から一年もしないうちに彼の遺作となった。螺旋階段の踊り場で、十文字和臣が変死体となって発見されたのだ。死因は転落死ではなく墜落死。階段から落ちたくらいでは、こんな死に方はしない。結局、警察の捜査員の懸命の努力にもかかわらず、捜査は早々と頓挫した。

十文字和臣の謎の死から半年が過ぎ、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋計画のルートに組み込まれた瀬戸内海のとある孤島、この横島にある別荘に、十文字和臣のすべてを引き継いだ未亡人の康子夫人の意向によってふたたび事件関係者が招かれた。

遠縁にあたる岡山県警捜査一課の相馬隆行。康子夫人の姪である私立探偵の小早川沙樹。十文字の右腕だった副社長の鷲尾賢蔵。県会議員の野々村淑江。そのひとり娘の奈々江。主治医の吉岡俊夫医師。フリーライターの栗山智治。そして、複雑な関係にある三人の跡取り息子、長男の信一郎、次男の正夫、三男の三郎。

彼らが集った別荘では、新たに連続して殺人事件が勃発する。しかし、嵐による悪天候のために警察の到着は望めない。そんななか、未亡人に依頼された女探偵は若手刑事を引き連れて事件および異形の館の謎に立ち向かう。

東川篤哉といえばユーモアミステリという方が多いだろう。しかし、これをミステリとは認めたくない。いや、他の東川作品もミステリとは言いたくない。何故か。それはなっていないからだ。冗談のような犯人の動機にしろ、SFのようなありえないトリックにしろ、こじ付けのような推理にしろ、ぜんぜんミステリになっていないからだ。それを知っていてなぜ読むのか。ユーモアの部分が格別に面白いからだ。

思い出したら下心をむき出しにする若手刑事の相馬隆行と、ただの酒豪のようでしかない女探偵の沙樹との絶妙なボケツッコミや、そこに美少女の奈々江という天然ボケを加えたトリオによる漫才と、あれこれカタチを変えながらも繰り広げるどたばたコメディ。これがとんでもなく面白いのだ。キャラが立つという言葉がピッタリくるのだ。この笑いについては読んでみてのお楽しみにしておくが、ミステリの拙さを差し引いても、読む価値ありだと思う。

こういったコメディだけを期待して読んでいる作家だが、いつかはミステリとしても読ませる日が来るのだろうか。今のところ、そんな兆候はまったく見えない。このまま見えないままでもいいかとも思うが…。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

東川篤哉
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。