--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.12

「忍びの国」和田竜

忍びの国忍びの国
(2008/05)
和田 竜

商品詳細を見る

人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。でなければ、生き残れぬ。戦国大名不在の国、伊賀国に織田軍一万余が攻め込んだ。「その腕、絶人の域」と言われる忍びの無門は想い女のお国を連れて敵前逃亡をはかるが……。歴史時代小説の枠を超えた面白さと圧倒的な感動に包まれる傑作長篇。《出版社より》

天正四年。この時期の伊賀の国では、戦国大名が不在の中、六十六人の地侍たちの間で、伊賀惣国一揆なる一種の同盟が結ばれていた。その第一条には、他国の者が当国に入った際は、惣国一味同心してこれを防ぐこと、と掲げられ、この六十六人の地侍から選出されたのが、十二家評定衆と呼ばれる十二人の地侍たちであった。

主人公は伊賀者の無門。上忍の命を受けて、忍び働きをする下忍。いわゆる忍者である。十二家評定衆の一員である百地家はおろか伊賀一国のうちでも「その腕絶人の域」と評された百地三大夫秘蔵の忍びである。他国の大名もこの男を雇うのに、三大夫に対して大金を支払った。ただ、非常ななまけものである。腕が良いのをいいことに、主の三大夫の下知もここのところ断りさえしていた。

無門には二年前に西国の安芸国から盗み出したお国という女がいた。ただ、お国は侍大将の娘という実家並みの生活にこだわり、彼女にとって関心があるのは無門の稼業ではなく、その稼ぐ額であった。そのお国の尻に敷かれた無門は、お国のご機嫌伺いのための小銭欲しさに、十二家評定衆の一員であり、小競り合いをする下山甲斐の次男を殺めた。そこには天正伊賀の乱に導く謀略が張り巡らされていた。

前作と同様にゆったりとした冒頭。中々動かない展開。そして何故か敵側の目線から物語は始まる。それともう一つ、史実の注釈が少しうるさい。気分は忍者なのに、たびたび説明が入るので、ずっと世界観に浸ることができない。しかし、一度物語が動き出せばその加速度はすごくはやいのである。

その伊賀対織田軍の戦闘シーンについては、一番盛り上がる場面なのであえて触れないが、伊賀者の尋常ではない働きに、わくわくドキドキが楽しめた。ただ、伊賀者という普通ではない感覚のない持ち主たちが集まる集団だからこそ、終盤には突然ゾッとさせられる。人を騙し、出し抜くことを至上とし、誰を犠牲にしようとも、金のために働く者たち。何度も前フリがあった言葉だが、一瞬で理解できてしまうと共に、その思想の怖さがはっきりとしたカタチとして見せられる。

評価としては面白かった。しかし、史実を大事にするのはいいが、エンタメ性を上げるならば、説明調の注釈は避けて、もっとさり気なく時代背景や薀蓄を織り込んでもらいたい。この著者の特色としてのねらいかもしれないが、現時点では浮いているのが気になってしまう。しかし、大阪人は大阪人を無条件に応援する不思議な民族である。今後もこの大阪出身の新人作家を応援し続けるぞ、とすでに大阪人である自分は決めている。次回作も買うぞ!できればまた、サイン本を。

Image037.jpg


他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(7)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

しんちゃん こんばんは。
確かに説明調の注釈は多いかも。
まぁこういうスタイルなんでしょうねぇ。
私は歴史知らずのため、あんまり気に
ならんのですが~。
和田さん大阪出身なんですね~。
そうそう、なんで大阪人は大阪人を
無条件に応援してますよね(笑)

naru:2008/07/12(土) 21:25 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
なんか未だに二作品ともサイン本が売られています。
書店も身贔屓しすぎやろって感じ(笑)
注釈は仕方ないとは思いますが、でもやかましいかな。
だって、知ってるもん。

しんちゃん:2008/07/13(日) 11:55 | URL | [編集]

こんばんは。
おっ、またまたサイン本ですね。(ちぇっ)

人を騙すことに罪悪感を感じない伊賀者の思想がすごいなと思いながら読みました。
伊賀者と織田軍の戦いのシーンも迫力がありましたね。
無門とお国の二人が時代ものっぽい雰囲気がないのもおもしろかったです。
でも、もしかしたらこの時代はこういう感じなんでしょうか。

私の場合は次回作もきっとサイン本じゃないと思います(笑)。

mint:2008/07/14(月) 19:29 | URL | [編集]

しんちゃんがいう通り、あの説明調を直したらきっと「文句なしに直○賞を挙げたい!」(ひょっとしたら本人はいらないのかも)と言いたいぐらいの作品が出来る作家さんだと思います。

次はどんな題材を扱うのかなとワクワクしています。

リベ:2008/07/14(月) 23:51 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
二冊連続で申し訳ないっす。
でも次回作もねらっちゃいますよ(笑)

たぶん伊賀者特有の思想を描きたかったのでしょうね。
それがあのラストでこう来たかって感じでした。
合戦シーンや人物造形が、なんとも巧みだと思いました。

しんちゃん:2008/07/15(火) 11:33 | URL | [編集]

りべさん
説明調はスマートじゃないですよね。
それと最近のあの賞は興味薄です。
候補作も選考委員もつまんないよ。
吉川賞と山本賞なら面白いですけど。

しんちゃん:2008/07/15(火) 11:39 | URL | [編集]

サインなんだかシンプルに力強くてかっこええですねえ。名前もいいのかな?

作品の方は、個性的なキャラが生き生きと面白く、アクションシーンが派手でおお!って感じでした。
終盤は本当一気読みでした。

ちきちき:2008/07/19(土) 11:18 | URL | [編集]

ちきちきさん
しっかりと名前を書きました、という感じのサインですよね。
アクションは本当におおっときました。
最後はゾゾっでしたけど、面白かったです。

しんちゃん:2008/07/19(土) 21:38 | URL | [編集]

読んだ♪

戦って傷ついた無門が、
全身の鎖帷子を脱いで超身軽になるシーン、
「お前はドラゴンボールの孫悟空か!?」
と思いました( ̄∇ ̄;)

これから、感想かきまーす★

つたまる:2008/09/28(日) 23:40 | URL | [編集]

つたまるさん
スーパーサイヤ人??

しんちゃん:2008/10/03(金) 10:47 | URL | [編集]

う・・・。
一ヶ月以上経て、
ようやく感想書きました( ̄∇ ̄;)

http://tsutamaru.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-bd93.html

つたまる:2008/11/07(金) 12:23 | URL | [編集]

つたまるさん
一ヶ月以上も間が空いて書けるんだ。
それはそれですごいかも!
これから伺わせてもらいますね。

しんちゃん:2008/11/07(金) 17:57 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

和田竜『忍びの国』


群れず、欲のみに生きる、虎狼(ころう)の族(やから)伊賀忍び。

2008/07/12(土) 21:29 | 待ち合わせは本屋さんで

『忍びの国』 和田竜


今日読んだ本は、和田竜さんの『忍びの国』です。 今回は伊賀忍びが織田軍を破るという話です。

2008/07/14(月) 19:14 | いつか どこかで

忍びの国 (和田竜)


(本の内容) 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。 でなければ、生き残れぬ。 戦国大名不在の国、伊賀国に織田軍一万余が攻め込んだ。「その腕、絶人の域」と言われる 忍びの無門は想い女のお国を連れて敵前逃亡をは...

2008/07/14(月) 23:50 | 今夜も読書を

忍びの国


JUGEMテーマ:読書 俺たちは、何も信じちゃいない。『のぼうの城』で大ブレイク、超弩級新鋭の第二作! 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。でなければ、生き残れぬ。戦国大名不在の国、伊賀国に織田軍一万余が攻め込

2008/07/19(土) 11:18 | ぼちぼち

【忍びの国】 和田竜 著


おのれらは人間ではない… あっぱれ[:ワッ!:] な「のぼうの城」に続く、第2弾。   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜...

2008/08/16(土) 11:31 | じゅずじの旦那

忍びの国/和田竜


忍びの国/和田 竜 ¥1,575Amazon.co.jp 【俺たちは、何も信じちゃいない。 『のぼうの城』で大ブレイク、超弩級新鋭の第二作! 人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。 親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。 でなければ、生き残れぬ。戦国大名不在の国

2008/08/20(水) 14:54 | 狭間の広場

三重が舞台の時代小説!! 『忍びの国』【小説】


【送料無料】忍びの国 和田勉さんの作品  人間離れした技ばかりが、忍びの術ではない。親兄弟すら欺き、ひたすら出し抜くこと。でなければ、生き残れぬ。 戦国大名不在の国、伊賀国に...

2012/01/21(土) 22:33 | やっほっほ~ ほっ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。