--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.14

「生まれる森」島本理生

生まれる森 (講談社文庫 し 75-3)生まれる森 (講談社文庫 し 75-3)
(2007/05/15)
島本 理生

商品詳細を見る

主人公のわたしは、同じ学科の加代ちゃんが夏休みの間は実家に帰っているというので、彼女の一人暮らしの部屋を借りることにした。深い森に落とされたような予備校の先生だったサイトウさんとの恋に、一方的に別れを告げられ、心のどこかで、新しい生活が始まれば彼のことなんてあっという間に忘れてしまうだろうとタカを括っていた。けれど実際は、未だにあのころの夢に捕まったまま途方に暮れていた。

そんなある日、だれにも話さなかった秘密を唯一打ち明けた高校時代の友人、キクちゃんからキャンプに行かないかという誘いを受けた。そのキクちゃん一家は、ガテン系のお父さん、バンドでボーカルをしているという中学生の弟の夏生君、区役所勤めの公務員だという兄の雪生さん、そして、同級生のキクちゃん。彼ら兄妹との関わりを通じて、わたしは少しだけ前へと一歩を歩み出す。

サイトウさんとの関係がよくわからない。離婚した四十歳の予備校講師が、高校生の生徒に優しくされたからといって、同じ部屋に泊まったり、抱き合ったり、一緒にお風呂に入ったりするけれど、体の関係はもたない。野獣になれとはいわないが、この男の精神構造が理解できなかった。いや、理解なんてしたくもないけど。とにかく最低な男だということだけはわかった。

その最低男との失恋で壊れてしまって、ぐちゃぐちゃになってという回想場面をまじえつつ、キクちゃんの兄の雪生さんが静かに温かく優しく主人公を見守る。その雪生さんが主人公を思う姿には恋心があると見え見えなのだが、このじれったさがたまんない。その弟の夏生君も、主人公のバイト先に顔を出したり、バンドのテープを渡したり、という距離感をキープしつつ、さり気なく姉の友人の前に現れる。中々愛いヤツなのだ。

そして、キクちゃん。高校時代にはあまり接点はなかったが、何故か突然仲良くなったという唐突感はあるものの、彼女がすごくかわいかった。どこか飛んでいるようで、私には友達が野田ちゃん(主人公)しかいないと言っているが、根っこの部分がすごく真面目で、男遊びも激しいようでいて、主人公にまっとうな意見を語ったりする。アンバランスなようでいて、主人公のことを本心から心配している。それに彼女の兄弟を見る目が、すごく仲良しなんだとこちらに伝わってくる。

主人公が捕われた森から脱出するという作品なんだろうが、途中からは、キクちゃんしか眼中になくなってしまった。「キクちゃん、わたし、どうすればいいんだろう」「私の胸で泣く?」 こういう男前なキクちゃんのような女の子は、どこかにいないかな。おっとっと、話が大きくずれてしまった。作品としても面白かったし、そしてなにより、キクちゃんがかわいかった。やはりそっちかよ(ヲイ)

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

島本理生
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

しんちゃんさん、こんばんは。
正直、キクちゃんとお兄さんしか印象に残っておりません(汗)
そういえばいましたね、そんな先生が。

たまねぎ:2008/07/16(水) 23:05 | URL | [編集]

たまねぎさん、こんばんは。
でしょうね。その仲間入りをしそうな予感ありです。
お兄さんのことを書いていない分、キクちゃんだけの可能性も…。

しんちゃん:2008/07/17(木) 19:27 | URL | [編集]

サイトウさん、忘れちゃっても良いかなぁ~と思います。自分がひっかかったわけじゃないけれど、思い出す価値もないというか。ひどすぎ?笑
島本さんの作品には意外にダメダメな感じの男の人が多いですね。そして、何でそんな人に惹かれるのかなぁ~という女の子も。

エビノート:2008/07/17(木) 20:21 | URL | [編集]

エビノートさん
そうそう。何故かダメ男に引っかかっている女の子が多い。
島本さんは、このパターンが好きなんでしょうか。
そういえば悪い女もないですね。

しんちゃん:2008/07/18(金) 12:13 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

生まれる森


生まれる森 あちこちで絶賛されている「ナラタージュ」。読みたいのに図書館の予約の順番がなかなか回ってこないので、書架に残っていたこれを借りてみました。 引き返したほうがいいと思いつつも、深い森に迷いこむような恋、そして終わった後もずるずるとそこから...

2008/07/14(月) 22:55 | 本のある生活

生まれる森  島本理生


135回芥川賞特集、今回は島本理生さんです。 経歴は今更書かなくてもよさそうな気もしますがとりあえず。 98年に雑誌・鳩よ!の掌編小説コンクールで年間MVPを獲得。 01年『シルエット』第44回群像新人文学賞優秀作。 03年『リトル・バイ・リトル』が第128回芥川...

2008/07/16(水) 21:47 | 今更なんですがの本の話

生まれる森 〔島本理生〕


生まれる森 ≪内容≫ 初めて知った恋の深い痛みと、ゆるやかな新生を描く20歳の恋愛小説。 最年少・20歳野間新人賞作家。 (BOOKデータベースより)

2008/07/17(木) 20:11 | まったり読書日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。