--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.14

「猛スピードで母は」長嶋有

猛スピードで母は 猛スピードで母は
長嶋 有 (2005/02)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

「サイドカーに犬」「猛スピードで母は」の2編が収録。
子供の視線で、夫婦崩壊後の父や母の姿がたんたんと描かれてます。


「サイドカーに犬」
弟との再会で、子ども時代の母の家出と、あの頃を回想する。
主人公の女の子と、その頃家に来ていた父の恋人の洋子さんの交流を描いた作品。

大胆でさわやか、潔よく凛とした姿勢がかっこいい洋子さん。
そんな洋子さんに憧れる薫ちゃんもまた可愛い。
それに魅力ある登場人物が、たくさん出てきたのが印象的でした。


「猛スピードで母は」
離婚した母と小学生の男の子の、親子二人の生活。
結婚をほのめかす母を冷静に見つめる慎。
そこに訪れる母の恋人とも無難にこなす慎。
大人の都合に合わせて生きるしかない少年を描いた作品。

この慎くんは凄いね。まるで何もかも悟ってるみたいな慎くん。
こんなに冷静に物事を分析する子どもって、いるだろうか。
いるんでしょう。子供の方が案外するどいかもよ。


すごい作家に出会ってしまったな。
人間模様の描写がすごいねん。それにこの雰囲気が堪らん。
破天荒な大人の行動を、主役の子供が冷静に状況をみているところが良い。
これからどんどん追いかけたい作家です。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

長嶋有
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。