--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.20

「底辺女子高生」豊島ミホ

底辺女子高生 (幻冬舎文庫)底辺女子高生 (幻冬舎文庫)
(2006/08)
豊島 ミホ

商品詳細を見る

「本当の私」なんて探してもいません。みっともなくもがいてる日々こそが、振り返れば青春なんです―。「底辺」な生活から脱出するため家出した高校二年の春。盛り下がりまくりの地味な学祭。「下宿内恋愛禁止」の厳粛なる掟。保健室の常連たち。出席時数が足りなくて、皆から遅れた一人きりの卒業式。最注目の作家によるホロ苦青春エッセイ。《本の背表紙より》

これまで育った町では、女子はだいたい自分のことを「オラ」と言っていた。それが秋田県立高校に入学すると、周りはみんな「あたし」だった。一人称矯正プログラムを実施する一ヶ月。二年生になって、新しいクラスに馴染めずに、五月病にやられて教室からドロップアウト。長年貯め込んだ郵便貯金を下ろして、最初の大阪から、つかまえられてしまった秋田市を含め、七都市・十三日間という自分探しの旅をする。つまり、家出をした十六歳の豊島ミホ。

その結果、あまりに遠距離の通学によるノイローゼのためとされて、学校の近くに下宿することになった。下宿生活には馴染むことができたけれど、教室のみんなのことはだいっきらいのままで、保健室にこもるようになった。完全にそこの住人と化すが、同じような常連たちがおり、自然と保健室コミュニティができた。さらに美術部に入部すると、美術室は自分に合って居心地が良かった。

他にも、つまらない学園祭のこと、地味女子の味方だった卓球のこと、楽しい夏休みを待ち続けただけの夏休みのこと、男子とほとんど話せなかったこと、憧れだった先輩のこと、親しくなかった中学の同級生の死のこと、冬のトラウマになったスキー教室のこと、ハガキを出すほどのラジオっ子だったこと、などのエピソードがぎっしり。そして、出席日数が足りずに補修を受けて、校長室で行われたたった一人の卒業式。

読んでいて思ったことは、ここまで赤裸々に語ってもいいのかよ、ということ。地味な女子は良いとして、ひくつ病は痛すぎる。学校ではなくて、ただ漠然と教室の集団が嫌で嫌で、現実逃避をしまくっている。それゆえに、自分のいるところから抜け出したくて、大阪まで家出をする。そのパワーはすごいとしかいいようがない。無謀だけど、地味な子の方が大きな行動力があるのかもしれないと思った。

自分の場合は、年中バンドに明け暮れて、友達の家に何日も入り浸って、女子と手をつないで下校して、という豊島さんとは違う能天気な浮かれ高校生だった。一応進学校に通っていたけれど、髪は金髪で通していたから、保健室ではなく生活指導室の常連だった。だからもし、同じクラスにいたとしても、お互いに眼中に入らなかっただろう。そういったこともあって、余計にこのエッセイを読んで、勝手に作りあげていた豊島さんのイメージと、当時の病んでいた姿に違いがありすぎて、ただただビックリの内容だった。

しかし、豊島さんが作家になったことで、当時は地味だった女の子と、やんちゃだった男の子が、こうして著者と読者という立場で出会った。人生って、先に何があるのかわからないから面白い。そして、このエッセイの底辺に対して、きらきらしたがコンセプトの「檸檬のころ」はまだ未読なので、読むのが楽しみになった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

豊島ミホ
トラックバック(2)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

ホントここまで書いていいの~?ってくらい赤裸々な告白に、ビックリでした。
家出しちゃう行動力にもビックリ。
私も地味な青春を送ってたので、もししんちゃんと同じクラスだったら縁がなかったかも。
読者と作家としてだけじゃなく、読者と読者どうしでも、小説を通して繋がってゆくって面白い。そして素敵ですね。

エビノート:2008/07/21(月) 21:07 | URL | [編集]

おはようございます。
私も地味な学生生活を送ってましたが
ちっぽけな幸せは常に感じてたので
こんな風に考える人がいるのか~って。
でも、その内にこもったパワーが
作家となって花開く訳ですから
人生何が起こるかわからないですね。

なな:2008/07/22(火) 07:05 | URL | [編集]

エビノートさん
おもいっきりぶっちゃけていましたね。
あてのない家出にもビックリでした。
おいらのくだらない過去とは真逆の位置にいたようです。
でも、こうした出会いがあるっていいよね!

しんちゃん:2008/07/22(火) 12:13 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
このネガティブ思考はなんともかんとも。
だけど、作家になるって、こういう何がしかのバワーがいるのかも。
自分にはまったく素養がないようです。つうか無気力の権化(笑)

しんちゃん:2008/07/22(火) 12:16 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

底辺女子高生 〔豊島ミホ〕


底辺女子高生 ≪内容≫ 「本当の私」なんて探してもいません。 みっともなくもがいてる日々こそが、振り返れば青春なんです―。 「底辺」な生活から脱出するため家出した高校二年の春。 盛り下がりまくりの地味な学祭。 「下宿内恋愛禁止」の厳粛なる掟。 保健室...

2008/07/21(月) 20:51 | まったり読書日記

「底辺女子高生」豊島ミホ


底辺女子高生 豊島 ミホ 「webマガジン幻冬舎」で連載されていたエッセイ。豊島さんの高校時代の思い出を書いたもの。 クラスには派手で注目を集める子、普通の子、そして地味な子がいる。そして豊島さんは地味で忘れられる存在。忘れられているのにたまにオモ

2008/07/22(火) 07:06 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。