--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.21

「謎の転倒犬」柴田よしき

謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞 (創元クライム・クラブ)謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞 (創元クライム・クラブ)
(2008/05)
柴田 よしき

商品詳細を見る

就職は決まらない。借金は返せない。そんなある早朝、僕は摩耶優麗(まやゆうれ)と出遭った。徹夜のバイトが明けた眠たい空気の中で、優麗は、冗談としか思えないような濃く派手な化粧ですくっと立ち、僕を混乱の極みに落とし込んだ。リクルートスーツとパソコンとデジカメを買ってローンに苦しんでいることを優麗にズバリと当てられてしまったのだ。いきなり核心に至る展開である。そして、経緯が未だによくわからないまま、彼女の経営する(株)魔泉洞という占いの館で働くことになった。

僕の名前は石狩拓也。だけど、誰も石狩と呼んでくれない。原因は、総務部長兼経理部長兼金庫番兼ご意見番兼ボーディーガド兼……とにかく、困ったらなんでもこの人にお任せ、という役割を社内で担っているウサギちゃんこと宇佐美儀一郎氏が、トカチくんと呼ぶからだ。一番最初にした自己紹介のときに、北海道の平野の石狩として、インプットしたようだが、呼ぶ段になると十勝くんとなってしまう。つまりそれがニックネームになってしまったのだ。

摩耶優麗は、女性である。年齢は不詳だが、素顔なら二十五、六に見え、営業用の化粧をすると四十代、テレビ化粧だと三十代、仕事が終わったあとの剥げかけた化粧なら五十代くらいに見える。占い師としての能力は天下一品だと、ウサギちゃんは言う。そして世間的にも、摩耶優麗の占いはものすごくよく当たる、と評判で、魔泉洞は客の行列が連日絶えない。

優麗には、他人の過去に一瞬で飛んで、過去の出来事を目撃する超能力があるそうだ。僕も初対面の時に、ずばっと言い当てられた。でもそんな能力は信じていない。必ずからくりが、トリックがあるはずなのだ。カリスマ占い師・麻耶優麗の名推理と、優麗に翻弄される石狩くんの受難を、ユーモラスに描いた、本格ミステリ連作集。

軽く読めます。なにしろ収録作のタイトルからしてパロディになっている。「時をかける熟女」は「時をかける少女」、「まぼろしのパンフレンド」は「まぼろしのペンフレンド」、「謎の転倒犬」は「謎の転校生」、「狙われた学割」は「狙われた学園」、「七セットふたたび」は「七瀬ふたたび」という風に。軽っう!というか人を食ったようなタイトルばがりだ。

それぞれの内容は、スリの犯人探し、失踪人探し、愛犬の謎の行動、強奪された定期券、盗まれた本のゲラ、という日常的なミステリになっている。だけど、本書の見どころというか読みどころは、キャラ読みしやすい軽妙な会話にあると思う。わがまま言い放題の優麗に、オカマ言葉のウサギちゃんに、平凡な主人公の石狩くん。この三人のバランスが良くて、緩いけれど微笑ましい空気感が作られている。このテンポ良い会話の妙によって、読者は気持ちよくサクサク読めるのだ。これはぜひとも東京創元社には、シリーズ化をしてもらわなくては。読んだみなさん、ですよね!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

柴田よしき
トラックバック(6)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
優麗に、ウサギちゃん、どんな過去歴があるんですかねぇ。気になってしょうがない(笑

シリーズ化して、映画は無理としてもテレビ化して欲しいなぁ!

じゅずじ:2008/07/21(月) 20:23 | URL | [編集]

じゅずじさん、こんにちは。
優麗とウサギちゃんの出会いが気になるところです。
次回作で明かされるのでしょうか、と前向きな方向で(笑)
映像化はどっちでもいいかな^^;

しんちゃん:2008/07/22(火) 12:07 | URL | [編集]

タイトル・・・ほんとだ!時をかける熟女だけは気にしてたんですけど、他は気にも留めてなかった!!なんとまあ、懐かしいタイトルばかり!
やはりシリーズになって欲しいですよね。山内練関連は、私はそろそろお腹いっぱいなので、ここらで新シリーズを・・・。

じゃじゃまま:2008/07/30(水) 10:33 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
今の若い子はパロディだと気づかないでしょうね。
というか、気づいてしまう自分って…。
山内練はその前のリコさんでストップ中。
正太郎も途中でストップ中。読まねばです(汗)

しんちゃん:2008/07/30(水) 12:12 | URL | [編集]

こんばんは。
お話の中の日常?のミステリより、よっぽど登場人物たちのが謎でした。
そして解明されとらんがな!
続きあるかな?

ちきちき:2008/08/01(金) 22:41 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
彼らの謎の関係は気になりますね。
まあ、続編へのネタふりとしては成功だ。

しんちゃん:2008/08/02(土) 11:41 | URL | [編集]

 シリーズ化も良いがドラマが見たいな。
 ユーレイ=かたせ梨乃、ウサギちゃん=竹中直人でどうでしょ。

# 最近TBが絶不調だったのですが、なぜか今日は一回で二発も…。

higeru:2008/08/20(水) 00:06 | URL | [編集]

higeruさん
おう、またドラマ化に一票か。
自分がテレビを観ない人だからなあ^^;

しんちゃん:2008/08/20(水) 13:46 | URL | [編集]

柴田よしきさんはシリーズがたくさんあって、どれを読んでいいのか分からないのですが
これはシリーズ化されれば読んでいきたいと思いました。
優麗とウサギちゃんの謎も気になります。

Yuki:2008/09/23(火) 10:43 | URL | [編集]

Yukiさん
シリーズ作も多いけど作品自体が多いですよね。
これがシリーズ化されると、追いかけやすくなると思うのですが。
優麗とウサギちゃんの謎を明らかにして欲しいですね。

しんちゃん:2008/09/23(火) 17:02 | URL | [編集]

こんにちは~♪
コミカルで遊び心に溢れるとても楽しい作品でしたね。(^^) 元ネタ作品は、タイトルを聞いた事がある程度で未読のものばかり。機会があれば読んでみたいと思います。(^^ゞ
私も・・・あまりテレビを見ない人なので映像化はどちらでもいいけれど、シリーズ化してほしいなぁ~

板栗香:2008/12/16(火) 12:54 | URL | [編集]

板栗香さん、こんばんは。
軽く読めて楽しい作品でしたよね。
映像化はどっちでもいいけど、したらしたで失敗しそう^^;
それよりもまずはシリーズ化ですよね。

しんちゃん:2008/12/16(火) 20:25 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

【謎の転倒犬 石狩くんと(株)魔泉洞】 柴田よしき 著


カリスマ占い師・摩耶優麗は、超能力者なのか、それとも…   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 就職が決まらない大学四年の僕は、アルバイトを終えた早朝、摩耶優麗と出会った。こんなバイトをすること...

2008/07/21(月) 20:16 | じゅずじの旦那

謎の転倒犬 石狩君と?魔泉洞 柴田よしき著。


≪★★★★≫ なんとまあ、引き出しの多い作家さんでしょう。 ここにまた一つ新たなシリーズか? 就職も決まらずお金もない卒業間近な大学生が、日雇いアルバイトを終えたある日、不思議な女性と出会った。 彼女は青年の過去を見抜き、明るい将来はない、自分のところへ来...

2008/07/30(水) 10:30 | じゃじゃままブックレビュー

謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞


JUGEMテーマ:読書 就職が決まらない大学四年の僕は、アルバイトを終えた早朝、摩耶優麗と出会った。こんなバイトをすることになった、その要因をズバリ言い当てた優麗は、占いの力で時を遡り僕の過去を覗いてきたという。さらに僕が遭遇したスリ事件を、鮮やかに解決し

2008/08/01(金) 22:41 | ぼちぼち

【柴田よしき】謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞


 「ジャケ買い」ならぬ「タイトル買い」、いや、買ってはいないので「タイトル借り」か。より正確に言うと、5話の短編集なのだが、最初の「時をかける熟女」と最後の「七セットふたたび」にビビッと来た。御大筒井康隆の『時をかける少女』と『七瀬ふたたび』をパロッた

2008/08/19(火) 23:55 | higeruの大活字読書録

謎の転倒犬―石狩くんと(株)魔泉洞/柴田よしき


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/9/6~2008/9/7 [東京創元社HPより] 就職が決まらない大学四年の僕は、アルバイトを終えた早朝、摩耶優麗と出会った。こんなバイトをすることになった、その要因をズバリ言い当てた優麗は、占いの力で時を遡り僕の過去を覗いてき

2008/09/23(火) 10:20 | hibidoku~日々、読書~

柴田よしき  謎の転倒犬  石狩くんと?魔泉洞


柴田よしきさんは本当に多作な作家さんで、かつとても作風の幅広い作家さんでもあります。私は、そんなに柴田作品は読めていないのですが、『桜さがし』と『ふたたびの虹』は無茶苦茶大好きな本です。でも、どうも私には合わなさそうだな~と思う本もちょっとあったりで、...

2008/12/16(火) 12:51 | マロンカフェ ~のんびり読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。