--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.23

「グ、ア、ム」本谷有希子

グ、ア、ムグ、ア、ム
(2008/06)
本谷 有希子

商品詳細を見る

長女はなんの目的もなく田舎を飛び出し、東京の大学に通った。何の職業が自分に向いているのかわからない。だが、漠然とクリエイターかマスコミ関係に興味があった。ミーハー心、まる出しで。だからあらゆる入社試験に落ち、このままでは本当に路頭に迷うかもしれないと危機感を覚え出していた大学四年のある日。なんとなくアナウンサースクールに通うことにした。そして、二十五歳の現在は、スパで垢擦りマッサージのアルバイトをしている。

四歳年下の次女は堅実と言われた。次女は本当はそれほど堅実ではなかったのに、姉がふらふらしているぶん、親の経済力と、日本の未来に不安を感じ、高卒で大阪の信用金庫に就職した。いつか絶対に働かなければいけないのになぜわざわざ…ともったいがる長女を尻目に、いつかどうせ働くのだから今働いても同じこと、と次女は割り切っていた。長女の無計画性に腹立たしさを覚えた次女は、徹底的に長女とは違う人生を歩もうと決めていた。

女三人旅プランを父が薦めたことで、今は別々に暮らす成人した姉妹と母親は二泊三日のグアム旅行に行くことになった。無防備の人である長女と現実主義の人である次女は、性格も違えば仕事面でも格差がある。子供の頃からケンカはよくしたが、最近はいよいよソリが合わない。そんな姉妹の間で折衷主義の人である母親は右往左往。一触触発の地雷を抱えたまま、女三人とも初めての海外旅行。しかし、次女は抜いた親知らずのあとが痛くて、母は生理で下腹部に鈍痛を抱え、しかも、グアムの天気は台風接近によって生憎の雨模様だった。

本作はこれまでの作品と比べて少し大人しいような気がした。人物紹介を重点にした前半部分と、グアムで過ごす後半部分に別れている。この作品で変わっているのは、いっさい人物名が出てこないところだ。長女はおねえ、お姉ちゃんと呼ばれ、次女はあんた、チビ助と呼ばれ、母親はおかん、父親がおとん、おっさんと呼ばれている。とにかく、みんな口が悪い。その彼女たちは方言を話していて、なおかつ北陸出身とあった。たぶん本谷有希子の出身地である石川県をイメージすると間違いないだろう。

本谷作品といえば、登場人物の身勝手なエゴやわがままを連想するが、本書の場合は長女がその役割を果たしている。この長女が自己正当化の塊で、めちゃくちゃ痛い女である。生まれた時代や、不景気や、就職難や、なんやかやと、上手くいかないのはすべて何かのセイであって、自分は悪くない。いや、むしろ被害者だと思っている。こういうおバカなキャラは大好きだ。突き抜けているからこそ、気持ちがいいのである。

その長女と対極の位置にいるのは、堅実で無口な妹ではなく、間に挟まれておろおろする母親でもなく、日本に留まっている父親にあるのが面白い。電話でしか登場しない父親だが、ひょうきんで、愛嬌があって、とにかく軽くて、憎めないおっさんである。金食い虫の長女を我が家のワーキングプアの愛称で呼び、女たちの旅行代金を出したことで、ケツの毛まで毟り取られたと自虐する。ファンキーでかわいいオヤジである。こういうポジションにちょっと憧れたりするのである。

今や姉妹たちは別々のところに住んでいるが、家族の立ち位置は一緒に住んでいた頃とまったく変わっていない。といういか、姉妹たちは独立しているが、子供のまんまのようなポジションにいる。長女は言うまでもないが、次女も隠してはいるが本質はしかりである。物語の終盤に、家族というものに不器用な姉妹が、おかんのために仲のよい家族を演じることになる。その子供顔が出る場面がおかしくておかしくて涙がでそうになった。おかん目線が、くすくす笑いの連続を誘うのだ。そして、家で飼っているおもちという名のうさぎのこと。上手いな~。このうさぎのことはあえて語らず。読めばわかります。そしてそして、やはり本谷有希子が好きだ!


本谷さんのサインです。

Image153_r1.jpg

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本谷有希子
トラックバック(4)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

登場人物に名前をつけず、母、姉、妹と呼び続ける事が、それぞれを小説の中の特殊な人物ではなく、ありふれた当たり前の存在であると語っているようでした。
そのおかげかどこか他人事と思えず、パンチ力は減っていても、じわじわとジャブの連打で体力を奪われた感じです。

たまねぎ:2008/09/02(火) 22:55 | URL | [編集]

たまねぎさん、こんばんは。
ちょっと大人しかったですが、やっぱり本谷さんでした。
最後のストレートから返しの左フックにKOされました。
次は父上京という内容の作品が出るみたいですね。
この父とは違いますが、新刊のありふれた当たり前も楽しみです。

しんちゃん:2008/09/03(水) 12:33 | URL | [編集]

長女の姿が自分と重なって、KOされちゃいそうなところを、おとんが救ってくれた感じでした。おとんが、愛い♪
留守番のおとんの日々を読んでみたいと切実に願ってしまいました。

エビノート:2009/01/08(木) 20:43 | URL | [編集]

エビノートさん
痛さに共感はありませんでしたけれど、おとんが良かったですねぇ。アイラブおとんです。
どんな留守番生活を送っているのでしょうね。

しんちゃん:2009/01/09(金) 20:54 | URL | [編集]

こんばんは。
TB、ありがとうございます。
記事をアップしたときにこちらのブログに記事があるかなと思って検索したんですが、
見つからなくて…。
探し方が悪かったんですね。

この本、確かに本谷さんにしてはちょっと大人しいかなという感じですが、
姉妹の描き方など、うまいなぁと思いました。
おとんもよかったしね。
電話での会話に笑いました。

ところで、いしいしんじさんの「四とそれ以上の国」も読んだのですが、
見事に挫折しました(笑)。
もう少ししたらまた借りてきて読もうかと思ってますが…。

mint:2009/02/16(月) 20:16 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
本谷さんはコンプ作家で~す!
ちゃんと買って読むぐらい好きな作家さんです。

ファンキーなおとんが可愛かったですよね。
電話だけの登場なのに、おとんが一番印象に残りました。
それに仲の悪い姉妹も、終盤にはそれが笑いになるなんて。

いしいしんじさんの「四とそれ以上の国」
なんとか挫折を乗り越えました。
でも、そのあとも記事にすることで挫折の危機を迎えました。
無理やり書いたって感じです(苦笑)

しんちゃん:2009/02/16(月) 22:40 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

グ、ア、ム  本谷有希子


子供の頃から我侭で理不尽だった姉。その姿を見てコツコツ堅実派に育った妹。父親の対する時とは打って変わって娘たちの間に入ると、事なかれ主義に陥ってしまう母。そんな三人のグアム旅行での悲喜交々を描いた本谷さんの新作『グ、ア、ム』です。 なんだかなあ、時折自...

2008/09/02(火) 22:24 | 今更なんですがの本の話

グ、ア、ム 〔本谷 有希子〕


グ、ア、ム本谷 有希子新潮社 2008-06売り上げランキング : 133555おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 母・姉・妹の女3人、いざ南の島へ! それぞれの世代の叫びがぶつかり合う、壮絶で痛快な本谷流ホームドラマ。 子煩悩な母(パート主婦)、わ

2009/01/08(木) 20:34 | まったり読書日記

『グ、ア、ム』 本谷有希子


今日読んだ本は、本谷有希子さんの『グ、ア、ム』(2008/06)です。

2009/02/16(月) 20:05 | いつか どこかで

グ、ア、ム / 本谷 有希子 (新潮社)


「AV女優にはなるな」と言われて上京した長女。「事故には気をつけろ」と言われて就職した次女。長女と次女を産んだ、母親。父の計らいで、グアムに旅立った女三人。波乱万丈の2泊3日間の幕開けだ!!面白かったです。なんかもう、女3人、しかも身内が集まっちゃうと...

2009/08/08(土) 18:06 | ひとり読書会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。