--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.27

「ラン」森絵都

ランラン
(2008/06/19)
森 絵都

商品詳細を見る

本書はどこまでがネタバレになるのかわからない。だから、自分が思うところまで書いちゃえ、と書いた結果がこうなってしまった。とにかく大長編である。そして、いろんな要素が詰まっている。それゆえに、人によっては、ネタバレしすぎと言われる方がいるかもしれない。よって、未読の方はご注意を。

主人公は夏目環。十三歳で父を亡くしたとき、あの世はまだ遠かった。やや時間差で母が逝き、弟の修くんがそのあとを追った。そうして死がまわりで幅をきかせていくほどに、不思議と自分がひとりぼっちになっていくのでなく、むしろ死んでしまった彼らの側へ近づいていく気がした。引き取って面倒を見てくれたくれた奈々美おばさんを二十歳で失ったときには、あとひと息、というたしかな手応えがあった。そして、二十二の年にこよみが死んだ。それがはじまりだった。

こよみは近所の自転車屋さんの猫だった。特別な猫だった。サイクル紺野の紺野さんとは似たもの同士だった。紺野さんのまわりにもたくさんの死者がいた。その紺野さんが、こよみの四十九日を終えて間もないころ、郷里へ帰ると言い出した。そして、最後にとっておきのプレゼントをあげる、と紺野さんはそう言って、亡き息子に贈るために取り寄せた、俗にいうロードバイクの一種だけど、世界にひとつというオリジナルの自転車を譲ってくれた。

モナミ一号という名前の自転車は、積極的にどこかへ連れていってくれそうな自転車だった。以来、週末のたびにモナミ一号と遠出するようになった。ある日、モナミ一号が突然自分の意思で走りだした。そこでようやく気づいた。モナミ一号を走らせているのではなく、走らされているのだ、と。本当にどこまでもモナミ一号は走った。そうだ、走れ。走れ、走れ、このまま突き進め。

私たちはたどりついた。こよみが音もなくすりよってきて、足元で身体をくねらせる。ついてきて。OK。八階建てのマンション305号。ノックをすると、懐かしい声と共に扉が開かれ、懐かしい顔がいっぺんに現われた。パパ、ママ、修くん。私の家族、そう、みんながそこにいた。下界と冥界を結ぶ40キロのレーンを越えて、死後の世界にやって来た。それは、紺野さんの亡くなった息子さんの思いが憑依したモナミ一号のおかげだった。

私、家族に会ったんだ。あの世とこの世との境を突破して。それ以来、ひんぱんにその場所へと通うようになる。そこで過ごす時間は極楽そのもの。しかし、モナミ一号には本来の持ち主がいた。紺野さんの息子さんが自転車に強い未練を抱いているからこそ、懐かしい人たちに出会えたのだ。だけど、いつまでも自転車を独り占めしている訳にはいかなかった。悩んだ果てにモナミ一号を息子さんに返すことにし、40キロのレーンを自分の足で走りぬく決意をした。

環は走り出した。しかし、すぐに挫けそうになる。そんな自分の弱さに負けそうなある日、もみあげ男のドコロさんからなかば強制的にスカウトされた。チーム・イージーランナーズ。退職後の趣味、ダイエットが目的、ビールをおいしく飲みたいなどの動機で走るゆるい人たち。そんなバラバラな面子が集められた初心者ばかりのへっぽこチームだった。それが突然、五ヵ月後のフルマラソンに出場することになった――。

まずは主人公のダメっぷりが紹介される。人と交わるのがいやだとか、人に心を閉ざしているとか、すぐに人のせいにするとか、自分の居場所がないとか、不幸のヒロインに酔っているとか、この主人公はとんでもなく自分に弱い。しっかりしろ、と怒鳴りたくなってしまうのだ。しかし、意外と負けん気だけは強い。その対抗心を煽って大きな糧になるのが、手前勝手で人騒がせな真知栄子である。ムカつき度は高いが、裏返すと主人公にそっくりなのだ。このクレイジーなおばさんが痛いことによって、主人公の痛さが緩和されている。この手技には、上手いな~と感心してしまった。

そして、あの世と繋がっているという森作品では二度目になる特殊な設定の説明があり、ラン(走る)に至る経緯が綴られている。主人公の走る目的が、居心地の良いあの世に自分で行き来するため、という後ろ向きのものだが、速く走ること、長い距離を走ることを達成していくことで、向こうにいる人たちはもう大丈夫だと感じ、留まっている未練が薄れて、転生の次のステージへと離れていく。安らぎの地へ行きたいがために頑張ることが、別離を促進するという矛盾が生まれてくるのだ。

しかし、主人公は走ることを止めない。なぜならば、周りにいるへっぽこな仲間たちが、気づかせてくれたからだ。自分のいる場所がどこなのか。そして、ひとりぼっちではないことを。後ろ向きではなく、前向きに走る。自分の足でしっかり地面を蹴って走る。力強く走るその姿をあの世で見ている家族に見せつけて、こんなにも頑張る底力があったのかとぎゃふんと言わせたい。それが家族との別れになることだとしても。仲間と共に走ってきたランが、自分との戦いでもあるランが、いつの間にか主人公を成長させて、自分の足で立つことを教えてくれていた。

自分の足で走り、自分の足で生きつづける。それが「ラン」という物語である。爽快!


絵都さんのサインは宝物。

Image035.jpg

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

森絵都
トラックバック(9)  コメント(15) 

Next |  Back

comments

しんちゃん こんばんは。
皆さん思っていたのとは、違うとおっしゃいます
よね~。最初はちょっと性格歪んでる??!とか
思いましたが(笑)
イージー・ランナーズあたりから、流れが変わ
った気がします。
スポーツだけじゃなく家族や恋にと、いろんな
要素が楽しめて私は好きな作品でした。

naru:2008/07/28(月) 19:34 | URL | [編集]

環と真知栄子のお互いの不幸に対して反発しあうところは読んでいてイラっと来ましたが、それがないと爽快感が半減していたのかな。
また登場シーンが少ないのですが、口うるさく凛としていた奈々美おばさんの存在が物語の引き締めに効果的で良かったと思います。

リベ:2008/07/29(火) 01:03 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
性格の歪みというか後ろ向きな考えは作品の本筋かなと思いました。
それがどう変わっていくのか興味を持って読むことができました。
イージーランナーズの仲間たちが素敵でしたね。

しんちゃん:2008/07/29(火) 12:08 | URL | [編集]

りべさん
環と真知栄子のバトルは絶妙な前フリだと思いました。
意地の張り合いが後半のアレに繋がって…。
でも、真知栄子の悪口雑言はしんどかった(苦笑)
奈々美おばさんは神様なのかと勘ぐっちゃいました。

しんちゃん:2008/07/29(火) 12:16 | URL | [編集]

こんばんは。
この本、どこまで書いていいのかわからないですよね。
森さんの書く「あの世」観がすごくいいなぁって思いました。

なな:2008/08/02(土) 22:01 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
どこまでがOKかの判断に困惑でした。
でも、結構書いた。いや、書きすぎ^^;
あんな世界が本当にあると思うと、「死」は怖くないかも。

しんちゃん:2008/08/03(日) 19:41 | URL | [編集]

こんばんは。

最初のこれでもかっていうネガティブさにちょっとやられつつ(いや、でも紺野さんとのダメな関係は結構好きだった)、でも走り始めてからは一気に読めました。
チームがいろいろと頼もしくって良かったです。

ちきちき:2008/08/04(月) 21:52 | URL | [編集]

ちきちきさん
序盤の準備運動は確かに念入りでした。
でも、走りだすとペースがはやいのなんの。
個性的な面々も面白かったですね。

しんちゃん:2008/08/05(火) 12:43 | URL | [編集]

走る動機は前向きではなかったけれど、イージーランナーズの仲間と出会ってからは前向きでしたね。後半は、がんばれ!と素直に応援しちゃいました。これまた前半はムムムだった真知さんだけど、後半真知さんがとった行動には度肝を抜かれつつ笑ってしまいました。

エビノート:2008/10/20(月) 20:50 | URL | [編集]

エビノートさん
彼らと出会ってからは読みやすくなりましたね。
それ以前はちょっとしんどかったです^^;
真知栄子は、どちらにしろ強烈な個性の持ち主でしたね。

しんちゃん:2008/10/21(火) 12:29 | URL | [編集]

一人でするよりも、仲間がいるってことは、心強いものだと思います。
環はいい仲間に出会えてよかったと思いました。

花:2008/10/23(木) 21:31 | URL | [編集]

花さん
イージーランナーズの面々との出会いが良かったですね。
自分も含めて、一人だと自分に負けてしまうから^^;

しんちゃん:2008/10/24(金) 14:13 | URL | [編集]

しんちゃん さん  はじめまして
すごい読書量ですね。しかも、内容が濃いです。
だいぶ前の記事にコメントしてすみませんが、訪問記念として、自分でも面白いと思った本の記事にコメントさせて頂きました。ついでのTBもさせてもらいました。私の感想はそちらで。

私も児童書YAだけですが、(といってランはYAなのだろうか?) 感想を書いています。よろしければご覧ください。

Iamfive:2009/06/01(月) 12:34 | URL | [編集]

Iamfiveさん、はじめまして。
読書量は多い方だと思います。でもその一方で忘れっぽいです。
だから自分のための備忘録を兼ねて、内容をだらだらと多めに書いています。
早速伺わせてもらいますね。あと、ランは一般書だと。^^)

しんちゃん:2009/06/01(月) 17:18 | URL | [編集]

このコメントは管理者の承認待ちです

-:2012/06/20(水) 18:55 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

森絵都『ラン』


「越えたくて、会いたくて、私は走りはじめた」

2008/07/28(月) 19:35 | 待ち合わせは本屋さんで

『ラン』 森絵都


今日読んだ本は、森絵都さんの『ラン』です。 直木賞受賞第1作です。

2008/07/28(月) 19:57 | いつか どこかで

ラン (森絵都)


(本の内容) 走らなくちゃ…一歩でも前に進むために―― もしもあの時こうしていたら…環の心は、突然家族が亡くなったあの日から止まってしまっていた。もう一度家族に会いたい。ある日、自転車を走らせたその先に待っていたものとは? 出会いと別れ、誰の人生にも...

2008/07/29(火) 01:02 | 今夜も読書を

「ラン」森絵都


ラン 森 絵都 JUGEMテーマ:読書 突然の事故で死んでしまった父、母、弟にもう一度会いたい。環はずっとそう思って生きてきた。ある日、自転車を走らせたその先に待っていたものは? 「直木賞受賞後第一作」だそうです。ずいぶん長いこと本が出ていなかったんです

2008/08/02(土) 22:02 | ナナメモ

ラン


JUGEMテーマ:読書 カラフルから10年。直木賞受賞後初の書き下ろし新作。 「越えたくて、会いたくて、私は走りはじめた」理論社HPより 勝手に高校生くらいの陸上部の話と思ってたら、全然違ってビックリした。 『DIVE!!』(角川文庫)路線の話と思ってた。 nar

2008/08/04(月) 21:53 | ぼちぼち

ラン/森絵都


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/9/13~2008/9/15 [理論社HPより] 夏目環は家族を亡くし、途方もなく大きな喪失感を抱えて生きる22歳の女性。環がある日、愛用の自転車「モナミ1号」を走らせたその先に待っていたものは―?

2008/09/26(金) 23:48 | hibidoku~日々、読書~

ラン 〔森 絵都〕


ラン森 絵都理論社 2008-06-19売り上げランキング : 3532おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 引っ越してきたばかりの「私」は、相棒の自転車を買った自転車屋さんに通ううち、店主の紺野と自分の境遇が似ていることを知り…。 「カラフル」から1

2008/10/20(月) 20:45 | まったり読書日記

本「ラン」


ラン 森絵都 理論社 2008年6月 夏目環は、13歳で両親と弟を亡くし、20歳で奈々美おばさんを失う。22歳になって、町へ着たばかりのとき、サイクル紺野で買った自転車に欠陥があり、3日おきに研磨材をつけに来ていたことから、紺野さんと次第に言葉を

2008/10/23(木) 21:32 | <花>の本と映画の感想

「ラン」 森絵都


森絵都 「ラン」 内容(「BOOK」データベースより) 越えたくて、会いたくて、私は走りはじめた。直木賞受賞第1作。 ------読んでみた。 ...

2009/06/01(月) 12:32 | つきよのみみず

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。