--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.28

「ママカノ」末永直海

ママカノママカノ
(2008/06)
末永 直海

商品詳細を見る

私は作家のはしくれだ。年齢は四十三歳。最近、ミオというハンドルネームで遊ぶことを覚えてしまった。いろんなことがうまくゆかないこの頃、私は見知らぬ人間と、ネットでつかの間の会話を楽しむことを、心の清涼剤にしていた。明日はいよいよ、ネットで知り合ったゾラと、リアルで会う日だ。一日恋人――。思いつきのばかばかしい遊びに、彼は乗ってくれた。

鎌倉高校前駅の、海が見えるホームで、会うことになったふたり。そこに現われたゾラは、アイドルみたいな顔立ちを打ち消すように、肌も髪もぼろぼろの男だった。ゾラは失恋の痛手から立ち直れない二十三歳の大学生。だけど、お互いにお揃いが多く、すぐに通じあってしまった。歳の離れた人間を面白がるところ。携帯の着メロが宇多田ヒカルの「COLORS」なところ。そして、借金という数字のオバケに追い回される生活。

ぼろぼろ女と、ぼろぼろ男。カッコ悪い現実を見せ合ったふたりは、お揃いのにがい現実も、ふたり力を合わせれば、乗り越えられそうな気がした。それが、いつしか本気になって、二人をめぐる世界も変わる。ママみたいな歳のカノジョだから、ママカノ。私はこのネーミングが、結構気に入っていた。

きっかけは出会い系とか、会ってすぐに付き合いが始まるとか、歳の差を気にしないとか、借金を抱えていても平然としているなど、ここにはリアルが一切ない。たぶん、わざと排除しているのだろう。ではなにがあるのかというと、二十も離れた歳の差カップルのラブがある。いや、ラブラブしかない。ハートマークのお伽の国だ。これがもうむちゃくちゃ小っ恥ずかしい。お尻がモゾモゾするのである。

例えば、手をつないで歩いたり、真向かいではなくいつも並んで座ったり、ほっぺたに甘く噛みついたり、人前でチューしたり、とにかく、始終ベタベタしている。まるで中高生のような恋人同士なのだ。主人公の女性は四十三歳でしょ、というツッコミはけっしてしてはいけない。四十三歳だって乙女なのだ。ここはお伽の国なのだ。そうわかっていても、実際に読むのは恥ずかしい。ティーン向けともいえる恋愛ものに、まったく免疫がないからだ。

嫌いというわけではない。ベタ甘な作品は大好きだ。しかし、この作品はなんとなくエロい。官能的なエロさではない。見えそうで見えないという男が好きそうなチラリズム。これがずらずら~と羅列されているようで、何度もいうけれど恥ずかしいのだ。「好きでしょ、こういうの」と並べられると、確かに好きだ。でも、今の子ならこれが普通だろうけれど、年代的にこれが赤面ものなのだ。そういう点で、何度も息切れしてしまった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

ミオの年齢に近いせいか「私でいいのか?」って気持ちはすごくよく理解できたのですが
ゾラの魅力がどこら辺なのかがいまいち分からなくて。
エンゲージ携帯はちょっとひきました。
見えそうで見えない…その先の想像(妄想)が
男と女じゃちがうのかな。エロさはそれほど感じませんでした。

なな:2008/08/27(水) 22:33 | URL | [編集]

ななさん
ゾラの青臭さが痛かったです。これもわざとでしょうけど。
とにかくリアルな部分は徹底的に排除されていましたね。
だから魅力も一緒に排除しちゃったんじゃ…。
エロは個人差があると思います。だけど
大きな要因は、少女マンガを読み育っていないことかな。

しんちゃん:2008/08/28(木) 19:21 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「ママカノ」末永直海


ママカノ 末永 直海 43歳独身、売れない女性作家ミオと、23歳の大学生の男の子ゾラ。ネット上での「一日恋人」の関係が本物の恋に変わった時、二人をめぐる世界も変わる――。 えっと…これはどれくらいの年齢層が対象の物語なんだろう。ミオに限りなく年の近

2008/08/27(水) 22:33 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。