--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.30

「夜を守る」石田衣良

夜を守る夜を守る
(2008/02/13)
石田 衣良

商品詳細を見る

可もなく不可もないレンタルビデオ店でバイトする川瀬繁。アメ横の古着店の息子であるサモハンこと橋本直明。区役所で福祉課の仕事をしているヤクショこと服部要。彼らは地元の中学校の同級生で、仕事上がりにアメ横ガード下の定食屋「福屋」に集まるのだけを楽しみにしていた。そろいのフライドジャケットを着て、腰から長いシルバーのチェーンを下げた三人は、一週間前に人助けをした。それ以来、生活支援施設で暮らすユキオが三人の行く先々に待ち伏せるようになった。

ぼくは岡田由紀夫。「のりすの家」では天才と呼ばれています。園長先生にはユキオくんはもう外にでて、お友達をつくったほうがいいといわれました。お友達になってください。追い払うつもりで、アメ横通りにあるすべての放置自転車の片づけを命じたところ、夜十二時をすぎた通りの片隅でなにかが動いていた。それもひとつではなくふたつである。ユキオと老人だった。酔っ払いに息子を殺されたという増井老人と知り合ったことにより、三人の心は動いた。この街の空気をよくする。この街の夜を守る。サモハン、ヤクショ、天才、そして、アポロ。四人は本気でこの街をよくしようと、青いベレーのガーディアン・チームを結成した。

本書のストーリーは単純である。ガーディアンたちは夜のアメ横をパトロールする。そして、放置自転車を整理したり、酔っ払いを介抱したり、ゴミを拾ったり。アメ横がもうすこしきれいで、気もちいい街になるようにするだけだ。そこに、夜はストリートガールをしているレイカと知り合ったり、廃品回収と電気製品のリサイクルをしているサキ婆にものを頼まれたり、上京してからひとりも友人ができなかったという内気なハヤテを臨時ガーディアンに加えたり、ヤクザの経営する風俗店に嫌がらせをする野郎を見つけるよう依頼されたり、ダンスユニット・ミサリサの片割れであるミサが行方不明になったり、ハイカラ窃盗団からアメ横商店街を守ったり、増井老人の事件についての情報提供者を探したり、とガーディアン以外の物事に首を突っ込むことになる。

これで石田衣良の二冊目を読んだことになるが、前に読んだ「リョウタ組」よりもこちらの方が面白かった。だけど、ガツンとくるものがないんだよなあ。普通にサクサク読めるのだけど、これがむちゃくちゃ面白いというほどでもない。判断の人であるアポロ、女好きのサモハン、お金に弱いヤクショ、ケロロ萌えの天才。登場人物たちに魅力はあるのだが、ただそれだけに終わってしまっているような気がする。全体的に小さくまとまりすぎていて、他の作品も読みたいと思わせる何かが足りないのだ。今後は気紛れをおこさない限り、読むことはないかもしれない。自分とは合っていないのかも。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(2)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

これはIWGPを上野に持ってきたようなイメージでした。その割にはまとまりすぎてて、ちょっとものたりなかったかな。

>小さくまとまりすぎ…
確かに、そう思います!

じゅずじ:2008/07/31(木) 18:22 | URL | [編集]

じゅずじさん、こんばんは。
やはり小さくまとまりすぎでしたか。
読み物だけど、これをエンタメとは思えませんでした。

しんちゃん:2008/07/31(木) 20:32 | URL | [編集]

こんにちは。
この石田作品は何となくストーリーが読めそうだったのでパスしちゃいました(笑)。
その代わりというわけではないけど、IWGPの新刊が出たのでそちらを図書館に予約しました。
IWGPのほうは最後まで付き合おうかと思っていますが…。どうなることやら?

mint:2008/08/05(火) 10:17 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
内容はすかすかでした。個人的に思ったことですけど^^;
IWGPは手付かずです。今更って感じで中々…。

しんちゃん:2008/08/05(火) 12:50 | URL | [編集]

こんばんは。
TBさせていただきました。
ガツンとくるものがない、その気持ちわかります。
面白いか面白くないかと言われれば面白いんですが、なんか優等生的な感じなんですよね。

masako:2008/09/16(火) 00:44 | URL | [編集]

masakoさん、こんにちは。
そうそう。優等生な感じは言えてる。
できる子なんだけど、面白味がない。
遊び心やぐっと惹きつける求心力がありませんでした。

しんちゃん:2008/09/16(火) 13:09 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

【夜を守る】 石田衣良 著


今回は池袋じゃなくて、場所は上野アメ横… 上野・アメ横。繁、サモハン、ヤクショの三人はこの街で暮らす幼なじみ。仕事上がり馴染みの定食屋に集まるのを楽しみに生きてるクールじゃない毎日。だが、ある事件をきっかけに、アメ横の夜を守るべく「チーム」を結成する...

2008/07/31(木) 18:19 | じゅずじの旦那

石田衣良 『夜を守る』


夜を守る/石田 衣良 ¥1,575 Amazon.co.jp 上野・アメ横通り。繁、サモハン、ヤクショの三人は、この街で暮らす幼なじみ。仕事上がりにガード下の定食屋に集まるのを楽しみに生きてる、そんないまいちクールじゃない毎日。だが、酔っ払いに息子を殺されたとい...

2008/09/16(火) 00:44 | 映画な日々。読書な日々。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。