--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

08.06

「虚夢」薬丸岳

虚夢虚夢
(2008/05/23)
薬丸 岳

商品詳細を見る

白い雪で覆われた公園にはたくさんの人たちが集まっていた。そのとき、どこからか奇声が聞こえてきた。少し先で小学生の子供たちが懸命に走り回るのが見える。子供たちを追いかけているのは黒いジャンパーを着た大人の男のようだ。男の右手に握られているものが光を放った。その正体に気づいたとき、公園のあちこちから悲鳴が上がった。男は子供を後から捕まえて羽交い絞めにすると、何度も子供の胸に刃物を突き刺した。

留美を見た。雪を丸めながらにこやかに笑っている。佐和子は必死に走った。助けて、あなた。後ろから衝撃があって、前のめりに倒れた。背中が妙に熱い。顔を上げると、男が見下ろしていた。血しぶきを顔に浴びた若い男に見覚えがあった。近くのコンビニで見かけるアルバイト店員だ。若い男が留美に目を向けた。やめて、お願い、助けて、神様。若い男が留美の首を刃物で突き刺した。

十二人もの人たちを殺傷する凶悪事件を起こした犯人には、精神科への通院歴があった。犯人の名前は藤崎裕之。留美を含めて三人を殺害し、九人に重軽症を負わせた藤崎が罪に問われることはなかった。この世には、人を殺しても、残虐な罪を犯しても、罰せられない者たちがいるのだ。刑法三十九条という法律によって。

逮捕されて検察に送致された藤崎は、起訴前鑑定で統合失調症と診断され、犯行時は心神喪失であったとして、不起訴となったのだ。心神喪失者の行為は、これを罰しない。心神衰弱者の行為は、その刑を軽減する。刑法三十九条という法律によって、あの通り魔事件は社会からなかったものにされたのだ。

三上孝一と佐和子は三年前に離婚してから、一度も連絡を取り合っていなかった。その佐和子から、あの男とすれ違ったといって三上に電話がかかってきた。佐和子が「あの男」というのはひとりしか思い浮かばない。藤崎とすれ違った――。そんな馬鹿なことがあるわけがない。藤崎がこの街にいるわけがない。あれほどの事件を起こしてから四年しか経っていないのだ。

佐和子は事件の後に統合失調症と診断されていた。留美を殺した藤崎と同じ病名だ。佐和子の幻覚かもしれない藤崎を探すことなど馬鹿馬鹿しいことかもしれないが、せめて自分だけでも佐和子の言葉に耳を傾けて、信じてやろうと三上は決めた。今回こそ佐和子を守ると誓った元夫の三上、徐々に壊れていく妻から逃げようとする今の夫の坂元、藤崎と接触してしまったキャバ嬢のゆき。彼ら三人の視点で、物語は展開してゆく。

長々と内容紹介をしたが、これは作品のさわりでしかない。ここから登場人物たちが動きだすのである。どう動くのか、どういうことが起こるのか、どういった結末を迎えるのか。それは作品を読んだ方だけが知ることのできる特権である。この著者の書くテーマは重いかもしれない。だけど、重さを感じさせずに、するするっと作品世界に引き込まれてしまう吸引力がある。

ただ、問題提起に対しての著者なりの答えがあれば、それに賛同するかは別にして、さらに良かったと思う。この著者は毎回問題提起を投げっぱなしだから、そこがもったいない点である。それに、どんでん返しやラストの展開は、活字中毒なら結果が見えてしまうかもしれない。しかし、これはフェアだからだ。やりすぎていないからだ。その点は認めてあげたいし、十分満足できる内容の作品だった。

薬丸さんのサイン。

Image034.jpg

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

薬丸岳
トラックバック(9)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

しんちゃん こんばんは。
この作品、結末が気になり、一気に読み
ました~。
重さを感じさせずに、その世界に引き込
まれてしまうのは、あえて第三者的に
書いているからなのかなぁ。
私は犯人について、もう少し書かれていても
いいかも~とか思いましたが。

naru:2008/08/06(水) 21:11 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
この作家さんはすごく読みやすいですね。
文章が短くて、とにかくリズミカルでした。
壊れてしまった男の目線ではしんどい。
そこを隣にいるゆきが見る、というのは新鮮でした。

しんちゃん:2008/08/07(木) 12:31 | URL | [編集]

テーマが重いわりにすごい読みやすい作品でした。だからといって軽いわけではないところがすごいかも。
なんだかちょっと物足りない気はしましたが…

ちきちき:2008/08/07(木) 23:28 | URL | [編集]

ちきちきさん
テーマのわりにすごく読みやすいですよね。
ラストはまああれですが、自分の中で薬丸ブームが来ています。
評判がいいデビュー作も読まなくては。

しんちゃん:2008/08/08(金) 10:58 | URL | [編集]

こんばんわ。
すっきりと読み易く、さらに洗練された感じの新作でしたね。
三人の視点で描かれている点も、問題の根深さを表しているようでした。
すっかりファンになってしまって、次回作も楽しみです。

ia.:2008/10/06(月) 00:43 | URL | [編集]

ia.さん、こんばんは。
テーマは重いのですがスタイリッシュでしたね。
キャバ嬢ゆきの目線が作品の幅を広げていたと思います。
早く新刊が読みてぇ!楽しみですね。

しんちゃん:2008/10/06(月) 19:43 | URL | [編集]

うん、ほんと薬丸さんの新刊が早く読みたいです!でも、作品のクオリティは落としてほしくない・・・とわがままな読者っぷりを発揮してしまいそう(^_^;)
毎回テーマは重いですが、ミステリとしての面白さを堪能させてもらってます。考えさせられる部分も多いですが。もし、裁判員に選ばれたら・・・、悩むだろうなぁ~。

エビノート:2008/10/28(火) 20:53 | URL | [編集]

エビノートさん
薬丸さんいいですよね。今後も絶対に追いかけたい作家です。
そう、早く読みたいですけど、クオリティはそのままを希望。
テーマがテーマだけに、どしっとした重厚さを求めてしまう
同じくわがままな読書です(笑)
裁判員制度は怖いですよね。
血なまぐさい写真とか見せられるのかな。ドキドキ。

しんちゃん:2008/10/29(水) 11:37 | URL | [編集]

こんばんは。
今回も難しいテーマながら読ませてくれましたよね。そして伏線が見事でした。
確かに問題提起だけで解決策はない。それでも読み応えたっぷりでしたよね。
サイン本うらやましいです。

masako:2009/02/02(月) 00:41 | URL | [編集]

masakoさん、こんにちは。
どっしりと読ませてくれましたね。
そしてミステリとしても面白かったです。
でも、問題を投げかけるならその答えを知りたい。
こう思うのは我がままでしょうか。
そうは言っても、お気に入りの作家なんだけどね^^;

しんちゃん:2009/02/02(月) 15:47 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

薬丸岳『虚夢』


娘を殺した犯人が目の前を歩いている!

2008/08/06(水) 21:14 | 待ち合わせは本屋さんで

虚夢


JUGEMテーマ:読書 娘を殺した犯人が目の前を歩いている! 愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、事件から4年後、元妻が街で偶然すれ違ったのは、忘れもしない「あの男」だった。 『天...

2008/08/07(木) 23:28 | ぼちぼち

【薬丸岳】虚夢


 乱歩賞に「応募」するために仕事を辞めたという薬丸岳。いくら副賞1,000万円といえど、短編をちょこちょこ書くくらいで(ちなみにそのうちの一編はこれに収録)ちゃんと食えてんのか~、と他人事ながら余計な心配をしていたのだが、待望の新作である。  新刊予約のタ

2008/08/16(土) 00:54 | higeruの大活字読書録

(書評)虚夢


著者:薬丸岳 虚夢(2008/05/23)薬丸 岳商品詳細を見る 「藤崎がいる」 3年前に離婚した元妻・佐和子からの電話。藤崎…4年前、三上の娘の...

2008/08/31(日) 16:09 | 新・たこの感想文

虚夢


著者:薬丸 岳 出版社:講談社 紹介文: 薬丸岳さんの最新作は、『刑法三十九条』心神喪失者の犯罪を扱った物語です。 凶悪犯罪が起こるたび耳にする『責任能力』という言葉。作中、この言葉の意味を鋭く突きつけられます。 一面的に展開するのではなく、さまざま

2008/10/06(月) 00:38 | どくしょ。るーむ。

虚夢 〔薬丸 岳〕


虚夢薬丸 岳講談社 2008-05-23売り上げランキング : 64618おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 娘を殺した犯人が目の前を歩いている! 愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。 運命を大きく狂わされた夫婦はついに...

2008/10/28(火) 20:39 | まったり読書日記

「虚夢」薬丸岳


「虚夢」薬丸岳(2008)☆☆☆★★[2008105] ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、精神病者 ※本レビューには不適切な表現を含んでいる可能性があります。指摘については甘んじて受け、修正したく思いますが、揚げ足取り的な糾弾については対応いたしかねますのでご...

2008/11/03(月) 07:43 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

薬丸岳 『虚夢』


ブログネタ:あなたのオススメの一冊 参加中 虚夢/薬丸 岳 ¥1,575 Amazon.co.jp 「精神鑑定」に真っ向から挑む感動作! 「心神喪失」の通り魔犯に娘を殺された夫婦。運命を大きく狂わされた二人はついに離婚するが、事件から4年後、元妻が街ですれ違っ...

2009/02/02(月) 00:25 | 映画な日々。読書な日々。

虚夢 (薬丸 岳 )


無残な通り魔的行為によって 愛する子供の命を奪われた三上夫婦。 その事件が原因となって、 離婚することになった二人。 数年を経て、加害者に、 遭遇することになった 三上と元妻、佐和子。 この事件によって、 了解不能という、 精神的な病になってしまった、 妻を

2010/02/18(木) 23:22 | 花ごよみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。