--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

08.11

「警視庁特捜班ドットジェイピー」我孫子武丸

警視庁特捜班ドットジェイピー警視庁特捜班ドットジェイピー
(2008/06/20)
我孫子武丸

商品詳細を見る

警察のイメージアップを図るため、日本のお偉方たちは、安易にも戦隊ヒーローブームにあやかり「警視庁戦隊」を作り、広報活動をさせることにした。部隊名は「警視庁特捜班ドットジェイピー」。ジェイピーはジャパニーズポリスの略。ドットが付くのは、なんか今風だから。集められたのは、性格に大きな難があるものの、格闘、射撃、コンピュータなどの達人にして美男美女の五人の警官。しかし、彼らを逆恨みする犯罪者が現れた!  戦え! ドットジェイピー! 世間の眼に負けるな! ドットジェイピー!  浅はかで投げやりな平成ニッポンを照射し笑いのめす怪作、誕生!  《本の帯より》

ぷぷっ。なんじゃこりゃ。はっきり言ってしまえばB級コメディである。しかし、このアホらしい笑いがツボに嵌まってしまった。我孫子センセイが好きなように遊んでいる。この遊びに上手いこと混ぜてもらったようだ。以前から、我孫子作品とは妙に波長が合う。デビュー作に登場した不幸なあの刑事からして爆笑だった。それが今回はリミッターを外してアクセルをベタ踏み状態だ。これを読んだら、今のバラエティ番組がいかにつまらないかを再認識させられる。

まずキャラがすごく良い。万年巡査部長だった高崎は、いきなり警部補に昇進されてドットジェイピーの班長に任命された。そんな彼の頭の中には七〇年代のあの伝説的刑事ドラマしかない。だから、自分のことを班長ではなくボスと呼ばせ、窓際でブラインドを人差し指で押し下げて、その隙間から下界を見下ろすポーズばかりを取っている。まるでボスになりきったような振る舞いが一貫していて、それゆえに威圧的な態度になる。

早崎綾は、ロリータアイドルのような容姿ながら格闘のエキスパートである。彼女の欠点は、エロを感じた瞬間に相手を半殺しの目に遭わせてしまうことで、それが犯人でも、今の東京都知事がモデルの知事でもかわりがないことだ。その知事を彼女はマスコミの前でノックアウトしてしまう。そのあとのメンバーによるフォローは、腹がよじれそうなほどに笑わせてくれる。それにコードネームであるバージンホワイトにまつわることでも。

五人のメンバーにはそれぞれコードネームがつけられる。格闘の達人の早崎綾はバージンホワイト。射撃の達人で、映画の銃撃戦に影響を受けまくっているのが三枝博信ことソルジャーブルー。見たものをそのまま記憶する能力を持った腐女子の沢渡香蓮はビューティーパープル。自然な女垂らしの窪寺類はキューティーイエロー。コンピューターに精通している一之瀬瑛次はデジタルブラック。そんな問題児集団である彼らが、ドタバタを繰り広げる。これが最初から最後まで抱腹絶倒で、読書のページを捲る手が止まらなかった。お約束の展開が好きな方は、ぜひどうぞ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

我孫子武丸
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

馬鹿馬鹿しくて、でも楽しかったです。
本当、我孫子さん、楽しんで書かれてるって感じでしたね。
高崎がお気に入りでした♪

ちきちき:2008/08/27(水) 22:41 | URL | [編集]

ちきちきさん
おもいっきり好き放題遊んでいますよね。
高崎のボスは最高でした!

しんちゃん:2008/08/28(木) 19:24 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

警視庁特捜班ドットジェイピー


JUGEMテーマ:読書 警察のイメージアップを図るため、日本のお偉方たちは、安易にも戦隊ヒーローブームにあやかり「警視庁戦隊」を作り、広報活動をさせることにした。部隊名は「警視庁特捜班ドットジェイピー」。ジェイピーはジャパニーズポリスの略。ドットが付くのは

2008/08/27(水) 22:41 | ぼちぼち

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。