--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

08.13

「人くい鬼モーリス」松尾由美

松尾

人くい鬼モーリス (ミステリーYA!)

高校二年の夏休み、わたしこと村尾信乃は、家庭教師のアルバイトのため、優雅な避暑地にやってきた。手ごわいと聞いていた生徒は、芽理沙という名の超美少女。小生意気だけど、どこか寂しさを漂わせた芽理沙に、わたしは興味をひかれる。
だが、すてきな夏になるかも、という期待は、あっさり打ちくだかれた。芽理沙に引き合わされた「人くい鬼」を見た瞬間に。この世のものとも思えない異様な姿をした、この世に存在するなんて信じたくもない、生き物だった。
彼女いわく、大人には見えないし、生きている人間には害をあたえないそうだが、はたして、その言葉をうのみにしてもいいのだろうか?
やがて、静かな別荘地を震撼させる、恐ろしい事件がたてつづきに起きる――。
人くい鬼の存在を知らない大人たちの推理と、その存在を前提に繰り広げる少女たちの推理。少女たちと人くい鬼の不思議な絆を描く、さわやかでマジカルなミステリー。《本の折り返しより》

この作品は、モーリスという名の「人くい鬼」がキーになっている。「人食い鬼」ではなく、「く」はひらがなである。そのちがいは、生きている人間は絶対に食べないということ。「人くい鬼」は死んでまもない人や動物の残留思念または魂なんてものを、エネルギーとしてとりこむ。その過程で、死体は「消滅」させてしまう。そして自ら手を下して動物の死を招くことはない。さらにその姿を見ることができるのは子供だけで、大人たちからは見えない。

そういった「人くい鬼」の設定を踏まえたミステリーになっている。つまり、死体が発見されるが、その次の段階では死体が消失している。主人公の信乃と芽理沙は、死体が消えてしまったことはモーリスの仕業だと思うのだが、それを知らない大人は殺人と消失をくっ付けて同一犯だと踏むのである。いわば子供の論理と大人の論理があって、その微妙な間を、高校生という大人の一歩手前の主人公が推理していくのだ。

ただ、個人的にしっくりこなかったことがある。主人公は「人くい鬼」を恐ろしく、おぞましく感じる気持ちがある。しかし、芽理沙にはそんな気持ちはない。いや、それ以上で、死体がでたら「人くい鬼」の格好のエサだと捉える傾向まである。この部分がざわざわとさせるのだが、その後の展開で、芽理沙はあっさりしすぎともいえる態度を取っている。ネタバレになるので上手くいえないが、あのざわざわとした居心地の悪さが、こうも簡単に払拭されてもいいものなのだろうか。

しかし、作品的には悪くない。ファンタジーとミステリーが見事に融合されていて、すごく雰囲気があって、「人くい鬼」を飼っている美少女の心もゾクゾクさせる怖さあって、ラストでは少し切なさがあり、静かな余韻をもって終わっていく。エピローグでは、YAらしくサービスがてんこ盛りであったが、あれはあれで愛嬌があったように思う。惜しいのは先に書いた部分で、もう少し何かがあって欲しかった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

松尾由美
トラックバック(4)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

これを言っちゃおしまいなんだろうけど、どうもモーリス自体、大人に見えなくて子どもに見える、しっくり自分の中に入ってこない部分もあって乗り切れずに終わってしまいました。
大門君の存在だけがちょっとニヤニヤしてしまいましたが。別れてしまったのは残念でした。(苦笑)

じゃじゃまま:2008/08/13(水) 23:49 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
それを言われちゃうと、コメント返しに困ってしまう。
自分はそこまで批判的ではありませんでした。
大門君は作品の華でしたね。エピローグではガクっときたけど(笑)

しんちゃん:2008/08/14(木) 11:12 | URL | [編集]

「人が殺され、死体が消える」
それについてモーリスを知ってる二人がそれ以外の大人たちに感じるもどかしさ。
それを知りながら、でもいったい誰が殺したの??って一緒に悩んでいたので
あぁ、そうなのね!ってすごく驚きました。

なな:2008/08/16(土) 13:17 | URL | [編集]

ななさん
ファンタジーとミステリーの融合はなるほどという展開でした。
しかも見事にフェアだし。
さすがにこういうジャンルをずっと書いているだけありますね。

しんちゃん:2008/08/16(土) 20:40 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

人くい鬼モーリス 松尾由美著。


≪★★≫ この本、児童書に置いてあったんですけど、子ども向け? 継父の知人の紹介で、別荘地に滞在している10歳の少女の家庭教師のアルバイトを引き受けた村尾信乃。 そこで信乃は信じられないものを見る。その避暑地ではずっと昔から囁かれていた「人くい鬼」の噂。 ...

2008/08/13(水) 23:39 | じゃじゃままブックレビュー

「人くい鬼モーリス」松尾由美


人くい鬼モーリス (ミステリーYA!) 松尾 由美 JUGEMテーマ:読書 ふたりの少女にしか見えない人くい鬼の存在。外界と遮断された別荘地で起きる連続死体消失事件。人くい鬼の仕業じゃないとしたら、犯人はいったい誰?  信乃にアルバイトの話を持ってきたのは、継...

2008/08/16(土) 13:18 | ナナメモ

『人くい鬼モーリス』松尾由美


人くい鬼モーリス 松尾由美/理論社 ふたりの少女にしか見えない人くい鬼の存在。外界と遮断された別荘地で起きる連続死体消失事件。人くい鬼の仕業じゃないとしたら、犯人はいったい誰? 少女と人くい鬼の不思議な絆を描く、さわやかでマジカルなミステリー。 ミステリ

2008/11/26(水) 17:57 | ひなたでゆるり

「人くい鬼モーリス」松尾由美


「人くい鬼モーリス」松尾由美(2008)☆☆☆★★[2009081] ※[913]、ミステリー、ファンタジー、少女、思春期、成長、「いるいるおばけがすんでいる」、モーリス・センダック ネットの読者家のページで表紙イラストをよく見かけたような気がする。少女趣味のようなイラ...

2009/07/29(水) 08:09 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。