--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

08.20

「ピンクの神様」魚住直子

ピンクの神様ピンクの神様
(2008/06/26)
魚住 直子

商品詳細を見る

いつでもどこでもいくつになってもニンゲンカンケイは難しい。だれにでも、眠れない夜がある。ひとから見たらささいなこと、でも自分には大切なこと。人生は、そんなトラブルに満ちている。あらゆる世代の女性たちのこころを優しく繊細に描き、勇気をくれる小説集。思い切って前を向けば、私も変われるだろうか。《出版社より》

「卒業」「首なしリカちゃん」「ピンクの神様」「みどりの部屋」「囚われ人」「魔法の時間」「ベランダからキス」を収録した七つの短編集。

「卒業」
後藤寿々は、この消防署に初の女性消防士として配属されたばかりだ。就職した寿々に対して、えりと友香は大学と専門学校にそれぞれ進んだ。進路は別々だが、会おうと思えばいつでも会える、と思っていたけれど、実際には三人の都合が合わない。二人の友達とは離れていくようで寂しさを感じ、それゆえに仕事でミスをしてしまう。

「首なしリカちゃん」
幼稚園に入園した娘の里奈に仲良しの子ができた。遊んでいる様子を見ると、里奈は気の強い舞子ちゃんによく泣かされている。それとなく娘に訊いてみたが、舞子ちゃんと遊びたいのは本心らしい。だから、舞子ちゃんとは遊ぶなとは言えなかった。でも舞子ちゃんのママとは喋れば喋るほどこの人とは合いそうにないという思いが強くなる。

「ピンクの神様」
小学五年生の葵は、自分が堂々としていれば人はついてくると思っている。五人グループのリーダーである葵は、ターゲットを決めては無視をし、その落ち込む様子を見るのが、鳥肌がたつぐらい楽しかった。次の標的は侑里。期間は無期限。その一方で、葵は両親の不仲を知り、子供のころから神の存在を信じていて、街で見かけたホームレスに神を投影する。

「みどりの部屋」
文子は転職してひと月あまり、万事順調と気分良く過ごしていただけに、あゆみちゃんから聞かされた悪口が気にかかる。前の会社で働いていたときも、学校にいたときも、女同士の小競り合いは腐るほどあった。文子は心の中で軽蔑しながら、いつも適当にやり過ごしてきた。文子が癒しをもとめて観葉植物を買っているうちに、部屋がジャングルになってしまった。

「囚われ人」
典子が叔母から文具店を引き継いで十五年が過ぎた。典子は客のどんな話でも聞く。中でも友達や人間関係についての話は真剣に聞いた。じっと耳を傾け、わかるなあと思うから相槌をうつ。すると話す方も少しすっきりした表情になる。それは典子も嬉しい。でもだからといって、いい人だとは絶対に思われたくなかった。典子の過去に、そうさせない出来事があった。

「魔法の時間」
はあっと、ひなはまたため息を吐いた。これからどうしよう。ばれてるのだから演じるのはもうやめなくちゃいけない。けど、天然ボケをやめてどんなキャラになればいいんだろう。つっこみタイプの大久保さんと中島さん、それに天然のひなという三人でうまくやっていたのに。いや、二人はずっと以前から悪口をいっていたのかもしれない。そんなとき、クラス内で浮いている昌本さんと話す機会ができた。

「ベランダからキス」
佐紀と祐治は引っ越してきてからまだ半月なのに、もう数え切れないほど喧嘩をしている。喧嘩の原因は、祐治の実家が佐紀との結婚を反対していることだ。一番腹が立つのは祐治の態度だ。当然、佐紀の味方をすると信じていたのにそうじゃなかった。このアパートにはお節介で図々しいおばさんがいて、それにも無性に腹が立った。引っ越してきてからまだ一ヶ月、祐治がここを出て実家に帰った。

登場するそれぞれの女性あるいは少女たちは、何がしかの鬱々とした感情を抱えていて、おたおたするが自分ではどうすることも出来ず、深みにはまってしまう。そこに些細なきっかけがあり、ぱっと視界が開けたと感じると、これ幸いと先へ歩みだす。これが女性的というか何というか、ひとつ決断すると、切り替えがとてもはやい。すべての女性がこうだとは思わないが、男性ではこういうことはまあないだろう。それと男性目線になるが、女の子特有の陰湿なイジメや、陰口を言うなどの女性同士の小競り合いや、自分のキャラを作ることなどは、読んでいてよく理解できないし、気持ちが良いものではなかった。だけど、女性が読むとたぶんわかるんだろうなあ。そして、あらためて思った。女性って強い。女性って怖いと。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

魚住直子
トラックバック(3)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
私はこの本、結構おもしろく読みました。
読んでいるときは気づかなかったけど、確かに女性目線の本かもしれませんね。

そういえば、女性はひとつ決断すると切り替えが早い、という指摘もちょっと意外な感じでした。
普段はあまり気にしてなかったけど、男性から見るとそう感じるんですね。なるほど。

mint:2008/08/25(月) 19:42 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
面白く読めましたけれど、女性心理は難しい。わからん。
わかっていたらモテモテなんでしょうけど^^;
男って陰湿ではありませんが立ち直りが遅いです。
長いことぐじぐじ引きずる傾向がありますよ。

しんちゃん:2008/08/26(火) 10:46 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『ピンクの神様』 魚住直子


今日読んだ本は、魚住直子さんの『ピンクの神様』です。

2008/08/25(月) 19:11 | いつか どこかで

「ピンクの神様」魚住直子


ピンクの神様 魚住 直子 JUGEMテーマ:読書 女性の人間関係の悩みを描く7編の短編小説。 魚住さんの小説気になっていたのですが「本書は初めて児童文学の枠を越え、幅広い読者に向けて発表する小説」だそうです。」 小学生から50歳までのあらゆる年齢の女性...

2008/11/10(月) 22:51 | ナナメモ

『ピンクの神様』魚住直子


ピンクの神様 魚住直子/講談社 嬉しい時、辛い時、女友達がそばにいた。 人から見たらささいなこと、でも自分には大切なこと。人生はそんなトラブルに満ちている。あらゆる世代の女性たちの気持ちを細やかに描き、元気をくれる短編集。 「卒業」「首なしリカちゃん」「

2008/11/26(水) 17:55 | ひなたでゆるり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。