--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

09.12

「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵

近藤

ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)

下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルのスタッフは四人。二人の料理人はシェフの三船さんと志村さん、ソムリエの金子さん、そしてギャルソンの僕。気取らない料理で客の舌と心をつかむ変わり者のシェフは、客たちの持ち込む不可解な謎をあざやかに解く名探偵。
近所の田上家のスキレットはなぜすぐに錆びるのか? しっかりしたフランス風のパンを売りたいとはりきっていた女性パン職人は、なぜ突然いなくなったのか? ブイヤーベース・ファンの新城さんの正体は? ストラスブールのミリアムおばあちゃんが、夢のようにおいしいヴァン・ショーをつくらなくなってしまったわけは?…… 絶品料理の数々と極上のミステリーをどうぞ!《本の折り返しより》

いつもなら個別に内容紹介をするが、これだけしっかりした紹介があれば十分でしょ。

シェフが軽い気持ちで野良猫に餌をやったら、ビストロ・パ・マルの料理に味を占めた猫は、毎日、店の厨房口に座り込み、にゃあにゃあと鳴いて、餌の催促をするようになった。家で四匹も猫を飼っているという猫好きの志村さんがそのことに激怒。猫に餌をやるということは、その猫に責任ができる。よって責任をとりなさい、というわけで、ビストロのレジ横に、「猫をもらってください」の貼り紙が貼られた。この冒頭のエピソードは本当にそうだと思う。猫おばさんって無責任なところがあるから。

さて、感想。「錆びないスキレット」では猫に対する息子の行動はどうかと思い、「憂さばらしのピストゥ」では陰険な悪戯をする店なんて潰れろと呪詛し、「ブーランジュリーのメロンパン」では頑ななパン職人の雪解けにほろっときて、「マドモワゼル・ブイヤーベースにご用心」では動揺するシェフがかわいくて、「氷姫」では主人公の僕が切なくて、「天空の泉」ではシェフってキザだな~と思い、「ヴァン・ショーをあなたに」では外人との気質の違いが上手く盛り込まれていた。

恥ずかしいけど今更ながら本書で知ったことがある。フレンチの味の基本がバターで、他にもクリームやチーズが使われているということだ。三船シェフは親切に対応してくれていたが、乳製品嫌いの自分はますますフレンチとの縁がなくなった。というか、そもそもラーメン店が常連で、チャーシューを乗せるか値段で迷うという時点で縁がないのかもしれない。しかし謎のヴァン・ショーだけは一度味見がしてみたい。どんな香がするのだろう。

それと前作を読んだときに思ったのが、無理やりミステリじゃなくてもいいかな、ということだ。すると今回はミステリ度がどんと低くなっていた。まったくの個人的な思いでしかないが、これには高評価を与えたい。あともうひとつ比較になるが、あのオーナーシェフだとか、女性シェフだとか、ビストロ以外の人物が少しビターかもしれない。だけど、スタッフ四人が見せる一面はニヤリだった。シリーズ三冊目にも期待したい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

近藤史恵
トラックバック(5)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

私もフランス料理なんて全く食べません。
三舟シェフが作った鰹節から作る味噌汁が飲んでみたい!!!

なな:2008/09/12(金) 18:49 | URL | [編集]

私もフレンチには全く縁がないんだけど、あのヴァン・ショーは是非とも味わってみたいですね~。
読んでいるだけで、美味しそう♪ほっこりと癒されそうです。

エビノート:2008/09/12(金) 20:06 | URL | [編集]

ななさん
フレンチの食べ方もわからないっす。
味噌汁なら、ズズズッと飲めるのわけですけどね。
シェフの和食も気になります。

しんちゃん:2008/09/13(土) 10:36 | URL | [編集]

エビノートさん
ヴァン・ショーとは、ただのホットワインじゃないみたいですね。
フレンチでしか飲めない代物なんでしょうか。気になる...。

しんちゃん:2008/09/13(土) 10:39 | URL | [編集]

私も三舟シェフのお味噌汁とヴァン・ショーが食べたいです!
シリーズ三作目、私も楽しみにしています!

percy:2008/09/17(水) 09:45 | URL | [編集]

percyさん
海外でお味噌汁を作ってしまう三船シェフはすごい。
しかもバックからは鰹ぶしが一本(笑)そんなアホな。
次回作も楽しみですね。

しんちゃん:2008/09/17(水) 11:00 | URL | [編集]

しんちゃん☆おはようございます
フレンチってどうも敷居が高いって思っちゃいますよね。
イタリアンのように気軽なお店があったらいいのにねぇ!

Roko:2008/10/17(金) 08:05 | URL | [編集]

Rokoさん、こんにちは。
敷居が高くてお値段も高いイメージですよね。
ファミレスみたいなのがあればいいのに。
手間がかかるので無理か^^;

しんちゃん:2008/10/17(金) 11:56 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵


ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ) 近藤 史恵 JUGEMテーマ:読書 「タルト・タタンの夢」に続くビストロ・パ・マル・シリーズ第2弾。 ナゾが多い三舟シェフの若い頃の話や前作で落ち込んだ人にサービスしていたパ・マルの裏メニュー「ヴァン・シ

2008/09/12(金) 18:49 | ナナメモ

ヴァン・ショーをあなたに 〔近藤 史恵〕


ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)近藤 史恵東京創元社 2008-06売り上げランキング : 9242おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルのスタッフは四人。 二人の料理人はシェフの三舟さん

2008/09/12(金) 20:02 | まったり読書日記

『ヴァン・ショーをあなたに』近藤史恵


『ヴァン・ショーをあなたに』近藤史恵 ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)(2008/06)近藤 史恵商品詳細を見る 画像が、出ないの...

2008/09/17(水) 09:46 | バンザイ!(^^)!

【近藤史恵】ヴァン・ショーをあなたに


 普段おじゃましているブログで結構目に付いた作品。印象的な表紙から『タルト・タタンの夢』とやらの続編らしいと知れる。ならばそちらから、と思ったのだがすべて貸出中。ところがこちらの新作の方はすぐに借りられる状態だったので、短編集のようだしどっちが先でも良...

2008/10/04(土) 02:24 | higeruの大活字読書録

ヴァン・ショーをあなたに


著者:近藤 史恵 出版社:東京創元社 紹介文: 「タルトタタンの夢」の続編。 前半は前作と同じく高築くんによって語られる物語なのですが、後半は一作ごとに語り手が変わります。 前半は、おなじみパ・マルを舞台にした楽しい作品。 『錆びないスキレット』に登

2008/10/30(木) 00:18 | どくしょ。るーむ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。