--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

09.13

「訣別の森」末浦広海

訣別の森訣別の森
(2008/08/07)
末浦 広海

商品詳細を見る

北海道北見市の病院でドクターヘリの機長を務める槇村博樹は、出動中に墜落した新聞社の報道ヘリを発見。着陸して救出にあたった現場にいたのは、槇村の自衛隊時代の部下であった武川一恵と記者。二人は大怪我を負っていたが適切な処置で命をとりとめる。だが翌日、一恵は左肩脱臼の怪我を負ったまま病院から姿を消した。

また、ドクターヘリの司令室を担当する信田豊は、交通事故で亡くした妻子の命日に、事故現場へ出かけて花を手向けるのを習わしとしていた。この年も休暇をとって事故現場へ向かった。しかしそのまま信田は突然退職し、連絡が取れなくなった。一方、北海道の自然環境を考える、若林という男がある計画を進行していた。

ヘリの墜落、一恵の失踪、信田の突然の退職など、不可解な出来事が続く中、槇村の身にも予期せぬ出来事が続発。ドクターヘリ運行委託契約が満了を迎え、槇村が三ヶ月ぶりに札幌の実家に戻ってみると、荒らされた形跡はないが、何者かがこの家へと侵入していた。それに墜落機発見について嗅ぎまわる男や、槇村の名を騙る謎の男の存在。背後には槇村と一恵の過去、そして巨大な陰謀が交錯していた。第54回江戸川乱歩賞受賞作。

ドクターヘリの始動、離陸、発進と一連の描写が巧みで、冒頭から物語の世界へ引き込まれた。そのヘリを操縦する元自衛官の主人公に魅力があり、槇村が飼う北海道犬のカムイにも愛らしさがあり、ヒロインは駄目だったけれど、北海道の大地をヘリやバイクで飛び回るスケールの大きさや、面白く読ませる力や興味を引き付ける筆致力はさすが乱歩賞と頷ける作品だ。ただ乱歩賞とはデビュー作でもあるわけだから、どうしても若さが目立つところ、なっていないところがある。

それぞれが関係ないように思われた出来事も、そこに繋がりあるということが明らかにされていく。けれど、主人公を取り巻く主要人物の動きの理由が描ききれていないという、根本的な思惑部分に無理があるので、そこで興味が停滞してしまうのだ。それら大風呂敷をぎゅっと集めようとするのだけれど、風呂敷の四方を結ぶことが叶わずに、違和感だけがぽつんと残るのだ。墜落から救出そして失踪した一恵の想いしかり、突然退職して行方を消した信田の動機しかり、若林という男の疑問しか浮かばない錯乱しかり、現役自衛官である藤原の精神構造しかりである。性格破綻者のオンパレードかつうの。

そういったバタバタした部分はあれど、広大な北海道の情景が浮かび、疾走するスピード感、犬やオオカミから聞こえてくる息遣いもあって、これが読ませる作品になっていた。主要人物が人間ではなく動物ならもっと面白くなったはず、というのはジョークだけれど、カムイとモモのその後は気になるところだ。デビュー第一作も読みたいと思う。文句は言ったが、個人的にはアリだった。面白かったです。

サイン本なのだ。

Image085_r1.jpg

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

なんだか中途半端。
だけど世界にグっとひきこまれました。
北海道を空から見渡したっていうのか
映画を観ているようなというのか。
私も「アリ」でした。

なな:2008/09/13(土) 21:35 | URL | [編集]

ななさん
かなり無理がありましたね。
だけど読ませる作品でもありました。
欲張りをしなければもっと面白くなったのかも。
これはこれでアリです。

しんちゃん:2008/09/14(日) 11:03 | URL | [編集]

>性格破綻者のオンパレードかつうの

まさにそんな感じでした。
よくわからん行動をとる人が多くて、つっこみ入れまくりでした。
お話の舞台とか魅力的だったんですが…

カムイとモモはかわいかったですね~。その後、気になります。

ちきちき:2008/10/29(水) 17:38 | URL | [編集]

ちきちきさん
行動するわけに難がありましたよね。
素材がいいだけに技量不足がもったいないな~と思いました。
カムイとモモがどうなったか、わたし気になります。

しんちゃん:2008/10/30(木) 12:23 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「訣別の森」末浦広海


訣別の森 末浦 広海 JUGEMテーマ:読書 ドクターヘリの機長・槇村は、墜落した取材ヘリを救出。怪我人は、自衛隊時代にかつて愛した部下・一恵だった。その夜、一恵は入院先から姿を消した―。課せられた「使命」と「魂の絆」の狭間で、男たちが咆哮する!第54回江...

2008/09/13(土) 21:35 | ナナメモ

訣別の森


JUGEMテーマ:読書 第54回江戸川乱歩賞受賞作 課せられた「使命」と「魂の絆」の狭間で、男たちが咆哮する! ドクターヘリの機長・槇村は、墜落した取材ヘリを救出。怪我人は、自衛隊時代にかつて愛した部下・一恵だった。その夜、一恵は入院先から姿を消した――。 ...

2008/10/29(水) 17:38 | ぼちぼち

【末浦広海】訣別の森


 もう一つの本年度江戸川乱歩賞受賞作。『誘拐児』はプロの作家が初挑戦で受賞したものだが、こちらはアルバイトをしながら苦節9年、7回目の応募で悲願の受賞となったもの。  内容も好対照だが、個人的にはこちらの方が面白かった。ただし、評価は「★4つ」というより

2008/12/01(月) 22:24 | higeruの大活字読書録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。