--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.28

「グレイヴディッガー」高野和明

グレイヴディッガー グレイヴディッガー
高野 和明 (2005/06)
講談社

この商品の詳細を見る

改心した悪党・八神は、骨髄ドナーとなって他人の命を救おうとしていた。
だが移植を目前にして連続猟奇殺人事件が発生、
巻き込まれた八神は白血病患者を救うべく、命がけの逃走を開始した。
首都全域で繰り広げられる決死の追跡劇。
謎の殺戮者、墓掘人の正体は?


不気味な猟奇殺人犯グレイヴディッガー。得体の知れない集団。
連続殺人の重要参考人として警察にも手配。これらに追われる八神。
八神が逃げながらも目的地を目指す。展開は言葉にすればすごく簡単だ。

しかし、憎めない八神が追いかけられる緊張感。警察の捜査が進む緊張感。
またもやカウントダウンの緊張感。 ドキドキしっぱなしなのだ。
心臓に悪いちゅーねん。

それらのスリルに加え、八神のユーモアの効いたキャラが本を読ませる。
他の登場人物も個性的で飽きが来ない。

そして最後に感動が来る。 また高野さんにやられました。 ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高野和明
トラックバック(2)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「グレイヴディッガー/高野和明」読了


グレイヴディッガー高野 和明高野サン、読むの2冊目です。エンターテイメント!主人公、八神がのっけから逃げる逃げる。それを追う、謎の集団、それに殺人鬼「グレイヴディッガー」。主人公がドナーになって骨髄移植をする為、何とか無事に病院まで行かなくてはいけないって

2007/06/13(水) 09:32 | 本を読んだり…

「グレイヴディッガー」「悪党図鑑」


「グレイヴディッガー」   高野 和明:著 ????? 講談社文庫/2005.6.15/667円 「13階段」をしのぐ圧倒的迫力!空前の疾走感で展開するノンストップサスペンス大作。   <帯より> この本が出た時は、裏表紙のあらすじに「巨編スリラー」とあったので

2007/09/03(月) 16:28 | 月灯りの舞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。