--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.22

「火村英生に捧げる犯罪」有栖川有栖

火村英生に捧げる犯罪火村英生に捧げる犯罪
(2008/09/25)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

気鋭の犯罪学者・火村英生と、ワトソン役の作家・有栖川有栖の名コンビが活躍する「長い影」「鸚鵡返し」「あるいは四風荘殺人事件」「殺意と善意の顛末」「偽りのペア」「火村英生に捧げる犯罪」「殺風景な部屋」「雷雨の庭で」といった8篇を収録した短編集。

「長い影」
夫は首をねじって窓の方を眺めている。訊くより先に、妻は動いていた。夫の肩越しに外を見る。廃工場の塀の角から長い影が伸び、アスファルトの上に落ちていた。それはじきに、巻き取られるようにして消えていく。廃工場から怪しげな男が出てきたところを夫は見たという。かつての工場の経営者に連絡したところ、中から不自然な縊死死体が発見された。鮫山警部補、火村英生准教授、作家有栖川有栖という非日常的なトリオの訪問を受けた桑原夫婦。やがて捜査の中で、桑原夫婦とは食い違う証言が出てきた。

「鸚鵡返し」
マンションで、男が殺された。胸を鋭利な刃物で刺されて、失血死。怨恨による犯行の可能性が濃厚だった。一つ変わったことがあって、現場には目撃者がいた。リビングの片隅に鳥籠があり、中の鸚鵡がすごいことをしゃべった。「ハンニンハ、タカウラ」 捜査を始めると、高浦という人物が本当に浮上してきた。女子大生をめぐって被害者と鞘当てを演じていた。そして、三角関係の渦中にいた女子大生に、もう一人の男がつきまとっていたことが判った。

「あるいは四風荘殺人事件」
先頃、脳卒中で逝った推理小説界の重鎮宅に、有栖川有栖は招かれた。ご令嬢が遺品の整理をしていたところ、まったく作風の違うアイデアを創作ノートに遺していた。社会派ミステリで鳴らした作家が何故、本格ミステリなのか。さらに、結末部分がないままの絶筆。ご令嬢は純粋な好奇心から、父親の遺した謎の答えが知りたいと言う。できることなら自分で解決したかった。内心忸怩たるものを持ちながら、有栖川は火村英生の研究室を訪ねる。未完の推理小説と共に。

「殺意と善意の顛末」
火村英生の声は穏やかだったが、それだけにかえって凄みを帯びていた。殺してなんかいない。潔白です。浦井には、能力不足を理由に解雇した広告会社社長を逆恨みから殺害した容疑が掛けられていた。アリバイ工作は火村に看破された。その推理については反論する気もないようだが、まだ罪を認めるつもりはないらしい。被害者が同じマンション内の広い部屋に買い換えたのはつい半年前のことだった。その新しい部屋に足を踏み入れたことはないと主張する。しかし和室の襖から浦井の指紋が検出されていた。

「偽りのペア」
洛北大学に通う女子大生が、自宅マンションの近くで待ち伏せていた若い男に刺殺された。被害者の友人は、彼女が不吉な気配に怯えていたと証言した。付き合っていた男との別れ話がこじれて怖い、と。被害者は、この夏に一人で南の島へ旅行した折、やはり京都から一人できていた男と知り合った。お互いにペアルックで写真を撮ったりもした。お互いに惹かれるものがあり、こっちに帰ってから親しく交際を始めたが、じきに相手は地金を出した。その写真の男を探し求めたが、男の身元は判らなかった。

「火村英生に捧げる犯罪」
大阪府警本部に速達が届いた。大阪府警に挑戦する。火村英生に捧げる犯罪だ。などという文章が続き、差出人はprof.Rとあった。R教授からの挑戦なのか。一方、有栖川有栖宅に奇妙な電話がかかってきた。自分が書いたものと瓜二つだ。盗作された。謂れのない言いがかりの上に、話がしたいので東京まで出て来いと言う。その頃、京都のとあるマンションで女性の死体が発見された。遺体は浴室に下着姿で壁にもたれかかり、切断された自分の頭部を膝に抱えていた。死因は扼殺だった。

「殺風景な部屋」
何もない部屋だった。すべてのものが運びだされ、がらんとしている。打ちっぱなしのコンクリートの地下室だ。天井も壁も、くすんだ灰色。仰向けで、左胸にナイフがささり、右手に携帯電話を握ったまま、中年男は息絶えていた。床には少しだけ這った形跡があった。男はこのビル二階で信用調査会社を経営していた。しかし、その実態は、ひたすら金の匂いを嗅ぎ回って、総会屋の真似事や恐喝まがいのことをしていただけだった。ワトソン役は現場にいるが、名探偵は集中豪雨とぶつかって、新幹線に閉じ込められていた。

「雷雨の庭で」
妻はクラス会と称して、浮気相手と一夜を過ごした。それで朝帰りしたところ、庭で亭主の遺体を発見した。被害者は頭を強打されていて、即死だった。兇器は見つかっていない。何よりも謎なところは、死亡推定時刻には雷雨が振っていたのに、被害者は雨合羽を身に着けて庭に出たことだ。そのポケットには軍手があった。妻の浮気が発覚してから、夫婦仲は破綻していた。そして亭主は日頃から、隣家に住む放送作家の早瀬に対して、悪質な誹謗中傷を繰り返していた。その早瀬にはネット通信をしていたというアリバイがあった。


どれもハズレはなかった。そんな中で好きだった作品は、「鸚鵡返し」「あるいは四風荘殺人事件」「殺意と善意の顛末」「偽りのペア」の四編で、中でも「偽りのペア」のトリックは秀逸だと思った。すべてが短編集だけど、その中にはショートストリーもあって、この切れ味のするどさに正直驚いた。数ページで事件の背景をこちらに伝え、そして物の見事に落としてみせるオチ。これにはやられてしまった。


有栖川さんのサイン会に参加してきました。
女子率がすごく高かったです。

Image228_r1.jpg

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(5)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
これはできのいい短編集でしたね。
本当に意外と携帯サイト掲載作品が、短いながら切れ味鋭くて感心してしまいました。
掌編ばっかだと気が散るんだけど、こういう構成だとバランスよく読めました。
小ネタも楽しかったです。

ちきちき:2008/11/07(金) 22:13 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
短篇も粒揃いで、中でもショートの切れが抜群でしたね。
ショート集があってもいいんじゃないかと思うほどでした。
全部シリーズ作というのも良かったですね。

しんちゃん:2008/11/08(土) 11:15 | URL | [編集]

表題作以上に他の作品が印象深くて好きでした。私の好きなのは携帯サイトに掲載されたショートショート。有栖川さんにとっては考えるのは大変なのかもしれませんが、こういうショートショート作品、また読みたいですね。

エビノート:2008/11/23(日) 19:27 | URL | [編集]

エビノートさん
ショートショートは良かったですよね。短篇よりも好きでした。
捻れたやっかいがない分、ストンと落ちたラストが気持ち良かったです。
また読みたい、同感です!

しんちゃん:2008/11/23(日) 22:37 | URL | [編集]

こんばんわ。
どれも面白かったですね。
掌編がきりっとしていて「さすが有栖川さん」と思いました。
表題作はもうっとダークな内容かと思いましたが、意外とライトなオチ。
気持ち良く、すっかり騙されまくりました。

ia.:2008/12/27(土) 02:49 | URL | [編集]

ia.さん、こんばんは。
短篇よりもショートに好印象を持ちました。
それとすべてがシリーズ作というのも良かったです。
やられた度はそれほどでしたけど、粒は揃っていたと思いました。

しんちゃん:2008/12/27(土) 20:23 | URL | [編集]

こんばんは。
ショートショートの作品よかったですね!
ラストのオチにすとんと納得。
「鸚鵡返し」と「偽りのペア」は上手いなぁと感心しました。
有栖川さん、読んだのはほとんど長編ばかりでしたが、掌編ももっと読んでみたくなりました。

雪芽:2009/02/23(月) 00:18 | URL | [編集]

雪芽さん、こんばんは。
やはり目はショートショートに行きますよね。
この完成度はすごいと思いました。
同じく、これまで読んだのは長編ばかり。
もっと読みたいよね~。ショートを。

しんちゃん:2009/02/24(火) 18:12 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

火村英生に捧げる犯罪


JUGEMテーマ:読書 殺された女性エステティシャン。作家・有栖川有栖への不審な電話と、大阪府警に届く火村英生宛の挑戦状。名コンビが活躍する8篇 京都で、30歳のエステティシャンが扼殺(やくさつ)された。ほどなくして、大阪府警に「これは火村英生に捧げる犯罪

2008/11/07(金) 22:14 | ぼちぼち

火村英生に捧げる犯罪 〔有栖川 有栖〕


火村英生に捧げる犯罪有栖川 有栖文藝春秋 2008-09-25売り上げランキング : 3177おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 京都で、30歳のエステティシャンが扼殺された。ほどなくして、大阪府警に「これは火村英生に捧げる犯罪だ」という文面の挑戦状

2008/11/23(日) 19:07 | まったり読書日記

火村英生に捧げる犯罪


著者:有栖川 有栖 出版社:文藝春秋 感想文: 有栖川さんの、いろいろ短編詰め合わせです。 『あるいは四風荘殺人事件』は、ある事情を隠したまま、アリスが火村を事件に担ぎ出すという物語。アリスのささやかな企みと火村の鮮やかな楽しい作品。 表題作『火村英

2008/12/27(土) 02:51 | どくしょ。るーむ。

火村英生に捧げる犯罪*有栖川有栖


火村英生に捧げる犯罪(2008/09/25)有栖川 有栖商品詳細を見る 「とっておきの探偵にきわめつけの謎を」。臨床犯罪学者・火村への挑戦状が予告す...

2009/01/15(木) 06:45 | +++ こんな一冊 +++

「火村英生に捧げる犯罪」 有栖川有栖


臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖コンビが登場する短編集。中編から掌編までと長さも内容もバラエティに富む作品は、長編とはまた違った軽やかなミステリとして楽しめた。船曳警部や火村の住む下宿のお婆ちゃん、顔なじみの面々も登場して、懐かしさと安心感...

2009/02/23(月) 00:02 | コンパス・ローズ  compass rose

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。