--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.25

「地図男」真藤順丈

地図男 (ダ・ヴィンチブックス)地図男 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/09/03)
真藤順丈

商品詳細を見る

雑誌「ダ・ヴィンチ」の特集で絶賛されていたのを見て読みたくなった。借りてから知ったがこれって第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作ではないか。身内を持ち上げた記事に引っかかってしまったのか。とりあえず、読んでみることにした。

フリーの助監督の俺は、ロケハンを前にした下調べで撮影の候補地をリスストアップするために街を歩いていると、関東地域大判地図帖を小脇に抱えた漂浪者と遭遇した。地図帖には、意味不明のマーキングと、軌跡をえがく矢印、そのすきまを埋めつくす書き込み、書き込み、書き込み。記入はどれも、物語の断片だ。矢印にしたがって、物語の断片を順番に回収していくと、しだいに見えてくる。地図上にえがく人物たちの物語群がだ。

その地図帖の持ち主は地図男だ。その素性をまるで知らないし、本人に質問をぶつけてみたところで、満足な答えが返ってきたためしがない。年齢は不詳。とにかく神出鬼没である。地図帖の内容どおり、関東エリアを行動範囲にしているらしい。そしてありとあらゆる場所を正確に把握している。それに物語を量産させている理由に関しても、なにもわからない。地図男が地図帖を開くとき、物語を地図男は誰に語っているのか。ともあれ、俺は地図帖の物語を読むしかない。

千葉県北部を旅する絶対音感を持った天才児Mの物語。東京二十三区に住む夜の住人たちの地元愛と矜持をかけた壮絶な激闘。そして、多摩川を境にその運命を隔てられた、男の子と女の子の物語。物語に没入した俺は、次第にそこに秘められた謎の真相に迫っていく。といった、かなり変テコな内容の作品だ。読み始めは、何これという感想。中盤になっても、何これという感想。最後の最後になって、そういうことかとやっと理解できる。

はっきり言うと苦手な作品だった。たぶん、この本の薄さじゃなければ、途中で放り投げていた。つまらない、つまらない、眠たい、と我慢しながら読んで、ラストに来て、やっとおおっとなった。だけど、カタルシスを得るほどではない。作風の変わる作中作は苦手だし、たった一つのキーを繋ぐためだけに、スカスカの物語を三つも読まされる意味がわからない。とにかくもったいぶったところが自分とは合わなかった。この作家はもういいかな。

結果、あの特集記事はやりすぎでしょ。でもこれは個人的な意見であって、この真藤順丈という人、実は四冠を取ったすごい新人なんだよな~。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(4)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

こういうものに免疫ができている分、自分は最後まで余裕もってたどり着けました。
この人だけしか描けない世界を持っていますが、好みがはっきり分かれますね。
一作ごとに作風を変えているという話を聞きましたので、自分はもう少し追ってみようと思っています。

リベ:2008/10/25(土) 21:33 | URL | [編集]

りべさん
出だしから挫けて、なんとか読み終えました。
発想はユニークなんだろうけど、自分とは合わなかったです。
これで打ち止め^^;

しんちゃん:2008/10/26(日) 12:13 | URL | [編集]

この作品はたしかに、好みが分かれそうですね。
私は、東京二十三区の物語を楽しめました。
男の子と女の子の物語も、なかなか興味深く読めました。
ページ数は、少なめで正解だったのではと思います。
機会があったら、他の作品も読んでみようかなと思います。
トラックバック送らせて頂きました☆

はまかぜ:2008/10/27(月) 21:15 | URL | [編集]

はまかぜさん
文章、文体、ラノベっぽい軽さが自分とは合わなかったです。
土地勘がなかったのもダメだった要因かもしれません。
すごい新人らしいけど、相性が悪かったです。残念。

しんちゃん:2008/10/27(月) 22:29 | URL | [編集]

そうか。土地勘か。
たしかにそれはあるかもしれないですね。
私ももう少し読んでみようかなって思ってます。

なな:2008/12/10(水) 22:43 | URL | [編集]

ななさん
地図があればもう少しマシだったかも。
自分はスルーの方向で...。

しんちゃん:2008/12/11(木) 18:03 | URL | [編集]

こんばんは。
私もこの本の良さが全然わからなかったです。
かなり評判だったので楽しみにしてたんですけどね~。
多分もうこの人の本は読まない気がします・・・

masako:2009/03/16(月) 00:13 | URL | [編集]

masakoさん、こんにちは。
そう、どこをどう楽しんだら良いのかわからない。
肌が合わないのはどうしようもないですよね。

しんちゃん:2009/03/17(火) 12:10 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

地図男 (真藤順丈)


(本の内容) 仕事中の〈俺〉は、ある日、奇妙な漂浪者に遭遇する。その男がいつも小脇に抱えているのは、 大判の関東地域地図帖。だけどそれはただの地図帖ではない。中にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書き込まれていた。 千葉県北部を旅する天才幼...

2008/10/25(土) 21:32 | 今夜も読書を

「地図男」


今回ご紹介するのは「地図男」(著:真藤順丈)です。 -----内容----- 仕事中のは、ある日、大判の関東地域地図帖を小脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。 地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書き込まれていた。 千葉県北部を旅する天才幼児の物語。 ...

2008/10/27(月) 21:10 | 読書日和

「地図男」真藤順丈


地図男 (ダ・ヴィンチブックス) 真藤順丈 仕事中の“俺”は、ある日、大判の関東地域地図帖を小脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書き込まれていた。千葉県北部を旅する天才幼児の物語。東京二十三区の区章を

2008/12/10(水) 22:44 | ナナメモ

真藤順丈 『地図男』


地図男 (ダ・ヴィンチブックス)/真藤順丈 ¥1,260 Amazon.co.jp ある日、大判の関東地域地図帖を小脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇した「俺」。そこには、男の紡ぎだした土地ごとの物語がびっしりと書き込まれていた。物語に没入した「俺」は、次第にそこに秘め...

2009/03/16(月) 00:03 | 映画な日々。読書な日々。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。