--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.01

「クラインの壺」岡嶋二人

クラインの壺 クラインの壺
岡嶋 二人 (2005/03)
講談社

この商品の詳細を見る

ゲームブック『クライン2』の制作に関わることになった青年、上杉。
アルバイト雑誌を見てやって来た少女、高石梨紗とともに、謎につつまれた研究所でゲーマーとなって仮想現実の世界へ入り込むことになった。
ところが、二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は…。

解散前の最終作ですが、実質は井上夢人さん単独の本です。
新しいモノ好きの井上さんらしく、前面にコンピューターやバーチャルリアルが出てます。
この世界に未だ到達してない所がすごいですね。

岡嶋本では無く、井上本として読めばもっと面白いはず。


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡嶋二人
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。