--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

11.17

「卵と小麦粉それからマドレーヌ」石井睦美

卵と小麦粉それからマドレーヌ (ピュアフル文庫)卵と小麦粉それからマドレーヌ (ピュアフル文庫)
(2006/03/02)
石井 睦美

商品詳細を見る

中学にはいって、二日目の朝だった。「じぶんがもう子どもじゃないって思ったときって、いつだった?」前の席の子が振り向いて、突然そう言った。川田亜矢という子だ。菜穂はびっくりして、「はい?」なんて、まぬけな声を出した。気がつくと、川田亜矢から川田がとれてしまった。亜矢は図書室が好きだった。菜穂は一緒に通ううちに、上原先生のいる図書準備室が好きになった。こうして二人は仲良くなった。モウコドモジャナイッテオモッタトキッテ、イツダッタ? そしてそれは、不思議な呪文みたいに、菜穂のからだをいっぱいにした。

バターとバニラエッセンス。あまい空気が廊下を通って玄関までおしよせている。ママの焼くお菓子の匂いだ。ママのご自慢の焼き菓子。お店で売ってもおかしくないくらい味も見栄えもいいマドレーヌ。ママの愛情を菜穂とパパに食べさせるために、ママはせっせと料理学校に通う。7月14日。パリ祭。13歳の誕生日。きょうから夏休み。ママの突然のパリ留学が発表される。今回のママは、もう決めてるって感じがする。どんなにたのんだって、もう変わらない。絶望的な気持ちの菜穂に、「なに言ってるの、変わるのはあなたよ」と亜矢。菜穂は懸命に自問自答する。

亜矢が語る、小学六年生のときのいじめ。知性と教養と美貌をたくわえるという、学校が別になった幼なじみのまゆ子。そして、12がトゥエルブ、13からはサーティーン、フォーティーン。ティーンエイジャーになった菜穂。冒頭で問いかけられた「もう子どもじゃないって思ったときって、いつだった?」という言葉。子供だけど、でももうまるきりの子供じゃない。悩みながらも、自分のために、自分が変わろうとする菜穂。そんな彼女の姿が健気で愛おしい。40歳にして、自分の夢をかなえようとするママは素敵。それを送り出そうとするパパも素敵。でもこれが実際に我が家だったら、やはり困るよな~。だけど、えらい。

続編を読むのに再読してみました。いい作品です。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

石井睦美
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。