--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

11.22

「ある日、アヒルバス」山本幸久

ある日、アヒルバスある日、アヒルバス
(2008/10/17)
山本 幸久

商品詳細を見る

冒頭の板チョコ三兄弟で笑いのツボを刺激され、次のメタボギャルという言葉で心をがしっと鷲掴み。主人公は通称デコこと高松秀子。ハトバスならぬアヒルバスで東京観光やイロモノ企画旅行で参加者を案内する入社五年目のガイドさん。叱咤激励してくれた三原先輩の退社に少なからずショックをひきずり、自分はもてると勘違いしている運転手の小田切次郎がウザい。まずはそんなデコの東京案内から物語は始まる。

三原先輩の教えを守り、参加者にグループ名をつけて、顔を記憶する。おばあちゃん三人組はチャットモンチッチー、年寄りが半数以上の男性七人は笑点。ちょっと気になる女子高生一人はチェキッコ。そして偽伯爵は常連客。彼らとの会話部分は楽しいものの、観光案内自体は東京に土地勘がないのでイメージが膨らまない。だから間延びを感じて少々退屈。それにちょっとベージ数を取りすぎかな。地方人は置いて行かれたなあと思った。

そして次は、ベテランガイドの鋼鉄母さんから、新人指導員を命じられるが、デコ命名の女おすぎ、平和鳥、おかっぱ左門、お手玉パティ、クウたちバスガイド予備軍は、もう少しまともな子を採用してほしいという問題児ばかり。さらに、デコ自身が口うるさい先輩と思われるのが嫌でご機嫌をとっているから、それを新人に見透かされ軽んじられている。そんな中、同期の中森亜紀に、会社はバスガイドあってこその会社、女が働ける環境にするべきだ、革命だ、革命起こさねば、と持ちかけられる。そこに盗撮写真が雑誌に掲載されて…。

後半の上手く進まない新人育成の奮闘ぶりと、パンチラ盗撮犯のあれこれの方は面白く読めた。なめた新人にはガツンと行けよ、とは思うが、その分を亜紀がやってくれるし、怖いと思われた鋼鉄母さんのいいところも見え、さらにその息子のカオルくんが超かわいい。保育園児がござる口調って反則よ。だけど、ついついニヤけてしかうかわいらしさに狙いすぎを許してしまう。その狙いが良い方に働けばいいけれど、ここでもひとつ悪い方が出てくる。デコがクウに指南するガイドネタがまた、地方人を置き去りにする。東京に迷いこんだ恐るべき野獣って何? 面白さがわかんねえよ。

とまあ、東京限定のネタに、親指を下に突き出してブーと言いたい。些細なことだけど、内輪受けって外にいるとつまらないもの。ツカミも良くて全体的に面白いけれど、残念ながら疎外感があったことで絶賛できず。そういう一方で、大阪が舞台なら絶賛していたかも。まったくもって我儘な読者だ。ほんと身勝手な意見で、あしからず。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

山本幸久
トラックバック(7)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

しんちゃん ちょっと辛口やね。
確かに恐るべき野獣って何?とは
私も思ったけど。
最初の方は腸がねじれるかと思う
くらい笑ったよ~。
ところで革命何やったんやろ~(*^_^*)

naru:2008/11/22(土) 22:21 | URL | [編集]

あたしは逆に分からないから、東京バスツアー参加してみたいぞ!と思っちゃいました。
デコらの革命の行方、見てみたい気もします。

エビノート:2008/11/23(日) 19:15 | URL | [編集]

naruさん
辛口ですか。これでも一度書き直した感想なんだけど。
笑えましたし、面白く読めたと強調したつもりだったけど…。
読み返すと、確かに棘がありますね^^;
恐るべき野獣は、いずれ関東の方が教えてくれると期待しています。
と、それが疎外感なんだけど(苦笑)

しんちゃん:2008/11/23(日) 22:14 | URL | [編集]

エビノートさん
貧困な頭脳では、わからん=退屈、となりました。
女性が働ける環境作り、この具体策がもっとあれば良かったと思いました。
naruさんと同じく、革命って何?とそこにも疑問が…。

しんちゃん:2008/11/24(月) 10:37 | URL | [編集]

こんにちは。
ちょっと不満あり、という感じ?
でも東京に住んでても(私は千葉県だけど)、東京の全部を知っている
人は少ないと思います。
ちなみに、「東京に迷いこんだ恐るべき野獣」は銀座4丁目の
三越の入り口にあるライオンのことではないかと。

個性的なツアー客とか一筋縄ではいかない新人研修は
山本さんらしい描き方でおもしろかったですね。
小田切は私も不思議な人物だなぁと思いました。
最近の20代の男性ってあんな感じなのかな?

mint:2008/11/24(月) 16:34 | URL | [編集]

こんばんは。
個性的なツアー客が強烈でした。
最初の方は私もだいぶん笑ったなあ。けど、バス嫌いが祟ったのか?あんまり乗り切れずに終わっちゃいました。
ちょっと残念。

ちきちき:2008/11/24(月) 19:41 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
野獣はライオンだったんだ。謎が解けました。ありがとうです!
不満というか、笑えるポイントで笑えない寂しさとでもいうのでしょうか。
お仕事小説としてはもちろん面白かったです。
最近の20代は…年代が違うのでよくわかりません。

しんちゃん:2008/11/24(月) 20:18 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんばんは。
ツアー客は笑えましたし、ネーミングもツボでした。
自分は作品に乗ることはできましたけれど、バスに乗ると必ず酔います。
なんじゃそら。

しんちゃん:2008/11/24(月) 20:22 | URL | [編集]

え?私も思いましたよ。
私は、東京生まれの東京育ちで、でも東京にも知らないところたくさんあって・・・正直私も前半はちょっときつかったです。ページ取りすぎって分かります~。
私は、デコ一人の物語だときついかな、って思ってました。中盤から新人やら盗撮やら、亜紀ちゃんの革命、鋼鉄母さん、様々な人が出てきてから面白くなりましたよね。

じゃじゃまま:2009/02/24(火) 12:39 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
おお~、同志ですか。ハイタッチだ、イェイ!
東京の街並みは長かったですよね。
退屈なので鼻毛をぜんぶ抜いちゃったよ。嘘だけど^^;
中盤からは面白かったので、そっちを広げて欲しかったです。

しんちゃん:2009/02/24(火) 18:19 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

山本幸久『ある日、アヒルバス』


「革命よ。あたしたちの手でアヒルバスに革命を起こすの。」

2008/11/22(土) 22:22 | 待ち合わせは本屋さんで

ある日、アヒルバス 〔山本 幸久〕


ある日、アヒルバス山本 幸久実業之日本社 2008-10-17売り上げランキング : 49278Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 東京生まれの東京育ち(ただし八王子)の高松秀子(デコ)はアヒルバスに入社して五年の観光バスガイド。 一筋縄ではいかないわがままなツアー...

2008/11/23(日) 19:03 | まったり読書日記

『ある日、アヒルバス』 山本幸久


今日読んだ本は、山本幸久さんの『ある日、アヒルバス』(2008/10)です。観光バスガイドが主人公のお仕事&青春小説でおもしろかったです。

2008/11/24(月) 16:22 | いつか どこかで

ある日、アヒルバス


JUGEMテーマ:読書 東京の観光スポットをめぐるバス会社・アヒルバスに入社して五年のバスガイド高松秀子(デコ)は、わがままなツアー客に振り回されながら仕事に励む毎日。ある日突然、新人バスガイド研修の指導員に指名されるが、自信のない態度が災いして、新人教育は

2008/11/24(月) 19:42 | ぼちぼち

ある日、アヒルバス/山本幸久


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/11/30~2008/12/2 [実業之日本社HPより] 東京の観光スポットをめぐるバス会社・アヒルバスに入社して五年のバスガイド高松秀子(デコ)は、わがままなツアー客に振り回されながら仕事に励む毎日。ある日突然、新人バスガイド研修...

2008/12/13(土) 09:06 | hibidoku~日々、読書~

ある日、アヒルバス*山本幸久


ある日、アヒルバス(2008/10/17)山本 幸久商品詳細を見る 東京の観光スポットをめぐるバス会社・アヒルバスに入社して五年のバスガイド高松秀子(...

2009/02/14(土) 08:03 | +++ こんな一冊 +++

ある日、アヒルバス 山本幸久著。


≪★★★☆≫ バスガイドのデコ。これが天職か、と聞かれれば、嫌いじゃないけど、胸を張って「大好きです!」って言えるか・・・。 大好きだった先輩が辞めてしまい、彼氏もできず、あ~あと思ってる。二度と会うことのないと思ってたお客たちとの、ある日のツアーガイド

2009/02/24(火) 12:35 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。