--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.14

「ごきげんな裏階段」佐藤多佳子

ごきげんな裏階段 / 岡本 良子、佐藤 多佳子 他
画像が無いの何とかならんかな。

「タマネギねこ」「ラッキー・メロディー」「モクーのひっこし」の3編を収録の児童書です。

「タマネギねこ」
裏階段で見かける茶トラの子猫。名前はノラ。好物はタマネギ。
学とくるみの住む306号室に入り込むが、両親の反対で飼えない。
しかし気に為る学はノラを探しに裏階段に行くと、ノラは不思議なタマネギを食べつくしていた。
その後、306号室に現れたノラは、タマネギの顔をしたタマネギねこだった。

「ラッキー・メロディー」
212号室にいそうろう中の一樹は音楽のテストを控え、リコーダーの練習をするがへたくそだった。そんな一樹が裏階段で大きなクモを見つけ、クモに向かってリコーダーを吹くと、クモが声を掛けてくる。一樹と笛吹きグモの笛に纏わるお話です。

「モクーのひっこし」
ナナはモノをあけるのが大好きな少女。310号室に引越してきたが、裏階段にあるダストシュートのフタがあけたくてうずうずする。パパを言いくるめてフタをあけてみると、なんとけむりおばけが現れる。

すべてみつばコーポの裏階段で起こる、不思議でちょっと良い話です。

「タマネギねこ」や「笛吹きグモ」に「けむりおばけ」など、ちょっぴり変わった登場人物?が、中々呑気で微妙に可愛いねんな~。
それに出てくる少年少女が活き活きしてる。

温かな気持ちになれるお話でした。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤多佳子
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『西の魔女が死んだ』梨木香歩&『ごきげんな裏階段』佐藤多佳子


今回の本ネタはここしばらく読んでいた児童文学を2冊。まずは『西の魔女』から。西の魔女が死んだ連日のように報道される教育関係のニュース(政府の会議とか給食費未納話とか)を聞くたび、非常に虚しくなってくる。子供は学校が育てるわけじゃないし、親も学校に何でも任..

2007/02/16(金) 22:32 | In the groove for life

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。